月とポエム 星とポエム 風とポエム 空とポエム 雨とポエム お花とポエム 恋とポエム 夢とポエム


                         イメージ画像1
        Title
   イメージ画像2                イメージ画像3



GUEST
月夜のパーティー
美月じゅんさん
       
 
MIE
奏でるカノン 猫の目 ILLUSION 夜空 HALF MOON 秋の月と・・・
小さなうさぎ 硝子窓        



月夜のパーティー


夏の庭に丸テーブルと椅子を並べ
お祝いのパーティーを開きましょう
今夜はネコも花も風もお客さま
とっておきのグラスで乾杯しましょう
やさしいピアノ曲を連弾で奏でれば
少女だった日の貴女を想い出す
満ちてゆく月にあこがれを抱いて
星が眠るまで語り続けましょう

from 美月じゅんさん

バナー

じゅんちゃん、このコーナーの 始まりにピッタリの扉POEMをありがとう♪
最初のサンプルではここのBGMは
リストのハンガリアンラプソディーでしたよね。
でも、詩を戴いたら、メルヘンの世界でピアノの前、
連弾しながらゲストを待つふたりの姿が浮かんでしまいました。
(この事がなんだか、嬉しいです・・・見守ってくださって居るみたいで)
ピアノカノンは金沢さんのサイトからダウンしていたのですが、
この曲ほんの数日前に美雨さんの扉に使用されました。
重なっちゃったので、迷いましたがアレンジも違うし
ここで使いたい気持ちに負けて、変更させていただきました。
(美雨さんごめんなさい)
詩姫様、素敵な詩をありがとうございました♪

2001年7月6日



line

奏(かな)でるカノン

大きなピアノの前の
ちいさなふたり
並んで奏でるカノンに
微笑むお月様
笑いをこらえているのは 
貴女のいたずら仔猫
明るい月夜の空で
少女に戻ったふたり
いつまでも詩おうね
遠い日の恋 あしたの夢
やさしい風の流れに乗せれば
恋の歌 夢の詩
星空へと舞い上がる

by MIE

line

猫の目

一日だけ猫の目を持って
過ごしてみたい
暗闇の中で
遠いお月さんと
お話し出来るでしょうか
十五夜のウサギと
お話し出来るでしょうか
背中の奥にまで
秘密がありそうな
あなたを見るより
簡単みたい
ふたり見つめ合って
秘密がありそうな
あなたが目をそらすの
見てみたい
きっと
あなたの後ろに
魔法の鏡が現われる

by MIE

line

ILLUSION

遠い日 満月の日
枕の下にはあなたの手紙
私は月まで飛んだ
同じ日 満月の日
パジャマのポッケに私の手紙
あなたも月まで飛んだ
この月の形に誓いを交す
言葉の代りの指切りで
あれは夢という名の幻
今はまだ三日月


by MIE

line

夜空

月を見て想う
誰のために輝くの
星を見て想う
誰のために見守るの

ただ 人を照らし
ただ 人を見つめてる

無欲な夜空に
ただ  愛を感じてる


by MIE

line

HALF MOON

半月の影に  隠れた薔薇
突き放された棘が
 胸を刺す
あなたの痛みを  味わった夜
抜き跡から 流れた物は
あなたの涙 わたしの涙
同時に落ちて

消え去った

by MIE

line

秋の月と・・・

見上げたら誘ってくれた
一晩だけ
お月様と夜遊びしたの
ほんとに ほんとに
今夜は

私の寂しさを
分って貰えない
夜だったから

by MIE

line

小さなうさぎ

小さなうさぎ

わたしの大きな耳に
聞こえているのは
ため息混じりのざわめき

小さなうさぎ

わたしの円らな瞳に
映っているのは
明日じゃない景色

月へのぼって
耳を澄ましてみたい
月の中から
目を凝らしてみよう
わたしの心のままに
ふたたび
いつもの胸が躍ってる

by MIE

line

硝子窓

臆病うさぎは
重たい扉を開けない
鍵穴から外を見つめてる

臆病うさぎは
月の灯りに照らされた
硝子窓がお気に入り

私もみんなのように
月の世界で住みたいな

毎夜 毎夜 眺めてる
冷たい風が入らぬように
硝子窓越しに

うさぎの窓のカーテンは
永遠に引かれない
露の水玉 光ってる

by MIE

line

Theme Top
MUSIC ♪カノン♪パッヘルベル
from NOCTURNE