Rory Gallagher & Fleetwood Mac
 
このページは当初ロリー・ギャラガーとフリートウッド・マックを一緒にして一つのファイルにしていたのですが、ロリー・ギャラガーの方がボーナストラック付の再発物が相次ぎ非常にサイズが大きくなりましたので、個々に分割することにしました。ここはピーター・グリーン側のページと変更します。


60年代後半から70年代初期、ギターを弾いていた人とかギターサウンドに興味を持っていた人たちに取り、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミ・ヘンドリックス、ジミー・ペイジ等と並びロリー・ギャラガーやピーター・グリーンは忘れられない名前でしょう。ふたりに共通する事は、'63年〜'64年頃に起こったブリティッシュ・ブルーズブームの影響下にあり、コマーシャリズムとは無縁な世界でギターサウンドに青春の情熱を打込んだギターリストだったという事でしょうか。
中でもピーター・グリーンが主になって結成した初期のフリートウッド・マックは、ブルース・ロックの中心的存在であり、今なお根強いファンの居るバンドです。
数度のメンバーチェンジを繰返し、都度バンドカラーを変えていったフリートウッド・マックですので、中期頃には買わなかったアルバムも幾つか有ります、ここではピーター・グリーンとジェレミー・スペンサーが在籍していたブルーズ・バンド時代のみを取り上げています。


FLEETWOOD MAC

<初期>
 Fleetwood Macをわたしが一番最初に聴いたのは『English Rose(英吉利の薔薇)』が最初に成ります(このジャケットの印象は結構強かったです)。
買ったのはイギリスでのオリジナルアルバムではなくアメリカ編集盤で日本でのデビューアルバムに当たります。
次いで買ったのも編集盤で、こちらは日本独自盤の『The Pious Bird of Good Omen(聖なる鳥)』でした、こちらもジャケットは印象的です。

 Fleetwood Macはピーター・グリーン(Peter Green)、ミック・フリートウッド(Mick Fleetwood)、ジョン・マックヴィー(John Mcvie)のジョン・メイオール&ブルーズブレイカーズOB達が中心になって結成されたバンドですが、ピーター・グリーンの意思で作られたバンドであり、彼の個性が強く出たブルーズバンドでした。
ジェレミー・スペンサー(Jeremy Spencer)、ダニー・カーワン(Danny Kirwan)をメンバーに引き入れたのもピーターでした。

 ピーター・グリーンは1946年10月29日ロンドン生まれ、最初に手にしたギターは14歳頃のスパニッシュギターでシャドウズのコピーなどをして居たとのことです。その後ベース・ギターに転向してロックンロールを演奏する2〜3のバンドに参加していますが、次第にBBキング、フレディ キング等のブルーズに惹かれて行くようになります。
そして、ある日ヤードバーズ(エリック・クラプトン在籍時の'65年頃)のライブを見てエリックのプレイに魅せられ、ギターリストとしてのピーター・グリーンが誕生することに成ります。
 再びギターを手にしての'65年の秋頃、ピーター・バーデンス(Peter Bardens)がゼムをやめて結成したピーター・Bズ・ルーナーズにベースで参加後、ギターに転向ました。ここでは後に一緒に奏る事になるミック・フリートウッドがドラムスを叩いていました。
ピーター・Bズ・ルーナーズはR&Bをベースにしたインストバンドでしたが、シングルを一枚発表したあとヴォーカル主体バンドに切り替えるべくロッド・ステュアートなどの新メンバーを加えバンド名もショットガン・エクスプレスと変え再出発をかけますが、ピーター・グリーンはここで抜けてしまいました(ショットガン・エクスプレスも自然消滅---ピーター・バーデンスは別のバンド結成も上手くいかずその後キャメルに参加して有名に成りました)。
 その頃、ジョン・メイオール&ブルーズブレイカーズに加入(ヤードバーズを抜けた後)してアルバム一枚発表後、クリームを結成するために脱退したエリック・クラプトンの後任ギターリストとしてブルーズブレイカーズに参加しますが、クラプトンの後任というプレッシャーにも負けず数ヶ月でブルーズ・ギターリストとして名を馳せ、花咲かせます。彼も天才ギターリストのひとりでした。
彼がブルーズブレイカーズ在籍中に発表されたアルバムは『Hard Road』一枚のみで、このアルバム録音時のベース担当がジョン・マックヴィーでした。(暫くしてドラムスにミック・フリートウッドも参加しています)
 ピーターは'67年半ばに自分自身のブルーズ・バンドを結成すべくブルーズブレイカーズを脱退、ミック・フリートウッドにボヴ・バーニン(Bob Brunning)、スライド・ギター担当のジェレミー・スペンサー(The Levi Set と云うバンドでギターを弾いていた)という4人編成ででPeter Green's Fleetwood Macをスタートさせました。暫くライブ中心で演奏していましたが結成後ひと月ほどでベース・ギターがボヴ・バーニンからジョン・マックヴィー(ジョンはミック・フリートウッドより長くブルーズ・ブレイカーズに残っていたので、クラプトン、グリーンのあとミック・テイラーとも同時期メンバーにも成っています)に変わり、通販専用レーベルだったブルー・ホライズン(BLUE HORIZON)の正規販売レコード第一弾シングル"I Believe My Time Ain't Long"('67年11月)でレコードデビューします。

 ミック・フリートウッドは1947年6月24日生まれ、ジョン・マックヴィーは1945年11月26日生まれ、そしてピーターがそのスライドギターの素晴らしさと作曲力に惚れて仲間にしたジェレミー・スペンサーが1948年7月8日生まれと'40年代後半組で構成されて居ましたので、デビュー当時は20代前半でした。
でも当時の四人の風貌は"わたしには"どこか異様でした。「ロンドン乞食」呼ばわりされたローリング・ストーンズも最初は異質でしたが彼等の場合はユニフォームを着用しなかった事('60年代半ばまでのバンドはみんなユニフォームを着ていました)以外にワルの雰囲気を持った容姿からでしたが、フリートウッド・マックの異様さは摩訶不思議な容姿から来る物でした・・・
その中、新たに加入させたダニー・カーワン(Boiler House というバンドに在籍していた)はピーターが作曲力を買って加入させたらしいですが、ダニーのルックスは群を抜いていて可愛いアイドル系です。
 ダニーの作る曲はブルーズナンバーが少なくてどちらかというと綺麗なメロディー物が得意のようですし、ギタースタイルもシャドウズのハンク・マーヴィン風な感じがしますね。(ダニーは一番若くて1950年5月13日生まれ)

 彼等のファーストアルバムは Peter Green's Fleetwood Mac の名義で'68年2月に発売、ジェレミー・スペンサーの曲もかなり取り上げられています。その後に出たシングル"Black Magic Woman"と"Need Your Love So Bad"がイギリス国内のチャートで37位、31位とそこそこヒットして順調なスタートを切りました。
そして、セカンドアルバム『Mr. Fantasy』発表後に出されたシングル"Albatross(あほうどり)"はインストナンバーながらイギリスで1位に成るヒットとなり、サードアルバム『The Pious Bird of Good Omen』が発売されtころには、日米でもレコードが発売されるようになりました。'60年代後半とはいえ、まだまだシングル曲中心だった頃の名残もあり、国別独自編集盤が幾つか発売される事に成ります。
   この後に三人目のギターリストとしてダニー・カーワンを加入させていますが、'69年半ば頃までの4人編成だった時代が最もブルーズバンドとして活躍していた時代でしょう。当時はエルモア・ジェイムズ流三連ボトル・ネック連発のジェレミーの曲が好きでしたが、ピーター・グリーンの作る曲もブルージーで印象深いです。中でも、後にサンタナがカヴァーして全米4位のヒットとなった"Black Magic Woman"は名曲中の名曲ですね。
ピーター・グリーンのギターが個性を発揮するのは"Love That Burns"、"Need Your Love So Bad"、(この曲は往年のR&Bシンガー Little Willie John の曲)"Just the Blues"(ヴォーカルとピアノはEddie Boyd)などのようなスロー・ナンバーで、情感豊かなプレイは素晴らしいです。また、"Just the Blues"は4ビートで控えめにシャッフルするミックのドラムスにエディのピアノがジャズっぽいスロー・ブルーズで良い感じです。

Fleetwood Mac
Fleetwood Mac 1968
LP UK Embassy EMB-31036(1973)

A
1. My Heart Beats Like a Hammer
2. Merry Go Round
3. Long Grey Mare
4. Hellhound on My Trail
5. Shake Your Moneymaker
6. Looking for Somebody
B
1. No Place to Go
2. My Baby's Good to Me
3. I Loved Another Woman
4. Cold Black Night
5. The World Keeps on Turning
6. Got to Move


English Rose English Rose 1969
LP JAPAN CBS/Sony SONP-50057

A
1. Black Magic Woman
2. I've Lost My Baby
3. One Sunny Day
4. Without You
5. Coming Home
6. Albatross
B
1. Stop Messin' Round
2. Jigsaw Puzzle Blues
3. Doctor Brown
4. Something Inside of Me
5. Evenin' Boogie
6. Love That Burns

The Pious Bird Of Good Omen The Pious Bird of Good Omen 1969
LP USA Blue Horizon 7-63215
A
1. Need Your Love So Bad
2. Coming Home
3. Rambling Pony
4. The Big Boat
  (with Eddie Boyd)
5. I Believe My Time Ain't Long
6. The Sun Is Shining
B
1. Albatross
2. Black Magic Woman
3. Just the Blues
  (with Eddie Boyd)
4. Jigsaw Puzzle Blues
5. Looking for Somebody
6. Stop Messin' Round

The Pious Bird Of Good Omen The Pious Bird of Good Omen 1969
LP JAPAN CBS/SONY SONP-50153

A
1. My Heart Beats Like a Hammer
2. Merry Go Round
3. Long Grey Mare
4. Hellhound on My Trail
5. Shake Your Moneymaker
6. Looking for Somebody
B
1. Need Your Love So Bad
2. Rambling Pony
3. The Big Boat
  (with Eddie Boyd)
4. The Sun Is Shining
5. Just the Blues
  (with Eddie Boyd)


<三人ギターリスト時代>
 ダニーが加わってからの1969年1月、シカゴにある Chessレコードのスタジオで、シカゴのブルーズメン達をゲストにライブスタイルでレコーディングしました。Buddy Guy(Guiter Buddyという変名参加)、Willy Dixon、Otis Spann、Walter Horton、J.T.Brown、Honey Boy Edwards、S.P.Leary等が参加して『Blues Jam at Chess』というタイトルで発売されました。
イギリスのブルーズ狂だった若者達が本場のブルーズメン達とセッション出来た嬉しさがギッシリ詰まった好盤です。(イギリスでは2枚組として発売されたらしいのですが、日米ではVol.1、Vol.2の一枚物発売でした。また、タイトルも再発時には『Blues Jam In Chicago』と改められていますし、'99年に6枚組CDセットで発売された組み物時には『Blues Jam In Chicago』として収録されていました。
 こうして、更にブルーズにのめり込むのかと思いきや、レコード会社を変わり、その後に録音されたアルバム『Then Play On』(発売は『Blues Jam at Chess』と前後していた)はかなりブルーズ色は薄れて、沈んだ感じで内向的な重たさでちょっと中近東風なサウンドに成っていました。この暗さはジェレミーが参加していないからかも知れません、彼がはまっていたのはエルモア流のハードな派手なブルーズであったりロックンロールをベースにしたポップな曲でした。
企画当初はジェレミー・スペンサーの曲を主にした物を一枚にまとめて2枚組として発売する予定だった物を、統一性の関係からか一枚物アルバムとして発売されて、ジェレミーの録音物はソロアルバムとして発売されました。
アルバム『Then Play On』はブルーズナンバー"Show-Biz Blues"、"Rattlesnake Shake"を除くとそれまでのフリートウッド・マックとはまるっきり違うサウンドでした。2〜3年先に出てくるプログレッシブ・ロックの走りのような音ですが、このアルバムはアメリカで売れてシングル曲"Oh Well"(シングルでは前半部をPart-1、後半部をPart-2と分けてA面・B面に分割されています)も彼等としては初めての全米チャートインナンバーと成りました。

 この後、"The Green Manalishi"を録音して発売前にはピーター・グリーンは脱退しました。そしてジェレミー・スペンサー在籍時最後になる『Kiln House』を発売してオリジナルメンバーのギターリストは居なく成ります。
 『Kiln House』はいきなりエルヴィス・プレスリー風ロックンロール"This Is the Rock"で始まり、オールディーズタッチのティアドロップスバラード"Blood on the Floor"、そしてロックンロールスタンダード"Hi Ho Silver"(この曲はトーマス・ファッツ・ウォーラーのヒット曲ですがコースターズの"Yackety Yack"や ジョー・ターナーの"Honey Hush"と殆ど同じ曲)など、ジェレミーの持つエルモア狂以外のもう一面、ロックンロール好きな部分がいっぱい詰まった(わたしにとっては)楽しい一枚でした。ダニー・カーワンの曲も4曲有りますが、"Tell Me All the Things You Do"がちょっとハードなロックっぽい物の全体的にオールディーズ風な曲調でまとめられています。
(このLPは見開きジャケットになっていて、内側には、cover design - Christine Macvie と記されています。デザインしたのはクリスティーンに間違いないでしょう。見開きジャケットですので可愛い絵はあと半分続きます。)

 ピーターもジェレミーも居なくなっての次作『Future Games』を買った後、しばらくわたしはフリートウッド・マックから離れて居ました。ボヴ・ウェルチは後のパリス結成時には即買いしましたし、ソロ作も好きでしたが彼の居た時代のフリートウッド・マックはなんかわたしにはピンと来ませんでした。
'71年には初期オリジナルメンバーでの未発表曲を集めた『The Original Fleetwood Mac』がCBSから出ましたがレコードレーベルにBlue Horizonのマークは有りませんでした。内容は勿論ブルーズ主体の初期フリートウッド・マックサウンドです。

Blues Jam at Chess Vol.1 Blues Jam at Chess Vol.1 1969
LP JAPAN CBS/SONY Epic ECPJ-17

A
1. Watch Out
2. Ooh Baby 3. South Indiana - Take 1
4. South Indiana - Take 2
5. Last Night
6. Red Hot Jam
B
1. I'm Worried
2. I Held My Baby Last Night
3. Madison Blues
4. I Can't Hold
5. I Need Your Love
6. I Got the Blues

Blues Jam at Chess Vol.2 Blues Jam at Chess Vol.2 1969
LP JAPAN CBS/SONY Epic ECPJ-18

A
1. World's in a Tangle
2. Talk with You
3. Like it This Way
4. Someday Soon Baby
5. Hungry Country Girl
B
1. Black Jack Blues
2. Everyday I Have the Blues
3. Rockin' Boogie
4. Sugar Mama
5. Homework

Then Play On Then Play On 1969
LP USA Reprise 6368(1970)
A
1. Coming Your Way
2. Closing My Eyes
3. Show-Biz Blues
4. Underway
5. Oh Well
B
1. Although the Sun Is Shining
2. Rattlesnake Shake
3. Searching for Madge
4. Fighting for Madge
5. Like Crying
6. Before the Beginning

Kiln House Kiln House 1970
LP JAPAN Reprise SJET-8294

A
1. This Is the Rock
2. Station Man
3. Blood on the Floor
4. Hi Ho Silver
5. Jewel Eyed Judy
B
1. Buddy's Song
2. Earl Gray
3. One Together
4. Tell Me All the Things You Do
5. Mission Bell

The Original Fleetwood Mac The Original Fleetwood Mac 1971
LP UK CBS 63875

A
1. Drifting
2. Leaving Town Blues
3. Watch Out
4. A Fool No More
5. Mean Old Fireman Takes
6. Can't Afford To Do It
B
1. Fleetwood Mac
2. Worried Dream
3. Love That Woman
4. Allow Me One More Show
5. First Train Home
6. Rambling Pony No.2


<CD時代>
CD時代に入って、一番最初に買ったのはLP時代に発売されていたシングル曲主体のベスト盤でした(というか、CD時代に突入して初期Blue Horizon時代のフリートウッド・マックのCDはというと、これしか発売されていませんでした)。Blue HorizonとRepriseの音源がひとつのアルバムに入って居ますし、それまでアルバム未収録だった"The Green Manalishi"、"Man Of The World"が収められていました。
 その後、Reprise時代の物が徐々にCD化されだしました、『Then Play On』はLPより2曲多い収録です。
『Albatross』はBlue Horizon音源で16曲のうち前半8曲がフリートウッド・マック、後半が後にジョン・マックヴィーの奥さんとなるクリスティーン・パーフェクト(Christine Perfect)の'70年発表ソロ・アルバム12曲からの抜粋8曲です。ジョン・マックヴィーと、ダニー・カーワンがフリートウッド・マックから参加しています。

 ライブ音源では音質が抜群に良いのが『Live At The Boston Vol.1』,『Live At The Boston Vol.2』でこれはもともと正規発売するつもりで録音されていたからとのこと。1970年2月5日・6日・7日のボストン・ティー・パーティでの録音で、そのあとのピーター・グリーン脱退の為に発売が見送られたままになっていて、15年後の1985年に一旦発売されていたらしいです。Vol.3まで有りますが三枚目は持っていません。
"Black Magic Woman"や"The Green Manalishi"のライブが聴けるのは珍しいです、特に"The Green Manalishi"の方はシングル発売時には既にピーター・グリーンは脱退した後でしたので。

 『Live at the Marquee』は有名なロンドンのマーキークラブでの演奏ですがこちらは音質はかなり落ちます、それでも'67年9月17日という結成間もない時期のBob Brunningがベース時代の録音(今のところこのCDでしかBobのベースは聴けません)なので貴重さはピカイチでしょうか。
 『Vaudeville Years of Fleetwood Mac 1968 - 1970』は未発表テイクや短縮発売されたテイクのフルヴァージョン集です。そして究極の6枚組ボックスセットが『The Complete Blue Horizon Sessions』、Blue Horizonの配給権はCBSからPolydorに移って後、どうなっていたのか分かりませんでしたがSireレコードから出されました。ブルーズ・ロックバンド時代のフリートウッド・マックのすべてが詰まった6枚組です。
 そして、大物のBBC放送音源発売の中、フリートウッドマックのも出されました、'67年から'70年4月頃までのピーター・グリーン在籍時の音源です。ところでピーター・グリーンといえば誰よりもレスポールギターのイメージが強い人(わたしにとってはかも知れませんが)なのですが、このCD内のインナー写真ではストラトキャスターを抱えて弾いている写真が載っていました!
"Oh Well"のライブヴァージョンが収められていますし"Sweet Home Chicago"といったシカゴブルーズにはかかせないナンバーや個人的に好みが同じなジェレミーが奏るオールディーズR&Rであるエヴァリーブラザースの"When Will I Be Loved"やフレディ・キャノンの"Tallahassee Lassie"などが入っているのは嬉しいライブです。"When I See My Baby"はダニー・カーワンの作品ですがジェレミーに感化されたのかドリーミーでチャーミングなオールデイーズ風ポップロックです。

 『'London Live '68'』は'68年4月27日という初期4人メンバーでの音源ですが音質は相当落ちます。
『Show Biz Blues 1968-1970』は『Vaudeville Years of Fleetwood Mac 1968-1970』の続編的なコンピレーションで再び未発表音源集です。Disc1の一曲目から三曲目まではフリートウッド・マックとしての音源ではなくピーター・グリーンがピーター・バーデンスのピーター・B'sルーナーズ在籍時('66年)に録音した曲でピーター・グリーンがギターを担当して居た時期の物です、ドラムスはミック・フリートウッド。
また、プレスリーの"Don't Be Cruel"などは録音はしてもブルースロックバンドとして人気を博していた当時には、やはり発売しにくい作品だったのでしょうね。何年も後に聴けたのは嬉しいです。
初期のメンバー時に限っても、ベスト物は各国から数種発売されている 訳ですが、1〜2曲ずつ選曲が違うだけの物が結構有ります。20曲入りの『The Best of Peter Green's Fleetwood Mac』でこの時期のベスト物は決まり!だと思っていたら、フリートウッド・マック以外の音源、Christine Perfectのソロ名義で出されていた"Crazy 'Bout You Baby"が『Black Magic Woman』と題されたコンピレーション盤に入って発売されていました。
今までにも(この2組のベストにも入っていますが)チキン・シャック在籍時のクリスティーンのヴォーカル曲"I'd Rather Go Blind"は初期メンバーのベストに時折入っていました。
この曲はバーバラ・リン"Until Then I'll Suffer"のところでも書きましたがわたしの好きなR&Bクラシックスです。

上記までアップして、かなりの月日が過ぎましたが、3人ギターリスト時代1970年ボストンでのライブ音源の完全版がなんと!中国盤で発売されrました。わたしの持っていなかった三日目の音源も揃っています。
3枚組セットは良いのですが、ケースがボール紙製丸型のケース!
出し入れは不便、保管も不便・・・折角の完全版なのにと残念でした。

Greatest Hits
Greatest Hits 1971
CD UK CBS CBS-460704-2(1989)

1. The Green Manalishi
   (with The Two Pronged Crown)
2. Oh Well Part 1
3. Oh Well Part 2
4. Shake Your Moneymaker
5. Need Your Love So Bad
6. Rattlesnake Shake
7. Dragonfly
8. Black Magic Woman
9. Albatross
10. Man Of The World
11. Stop Messin' Round
12. Love That Burns


Then Play On
Then Play On 1969
CD USA Reprise 6368-2(1990)

1. Coming Your Way
2. Closing My Eyes
3. Showbiz Blues
4. My Dream
5. Underway
6. Oh Well
7. Although the Sun Is Shining
8. Rattlesnake Shake
9. Searching for Madge
10. Fighting for Madge
11. When You Say
12. Like Crying Like Dying
13. Before the Beginning

Kiln House
Kiln House 1970
CD USA Reprise 6408-2(1990)

1. This Is the Rock
2. Station Man
3. Blood on the Floor
4. Hi Ho Silver
5. Jewel Eyed Judy
6. Buddy's Song
7. Earl Gray
8. One Together
9. Tell Me All the Things You Do
10. Mission Bell


Albatross
Albatross 1977
as Fleetwood Mac & Christine Perfect
CD UK Columbia CD 31569 (1991)

1. Albatross
2. Rambling Pony
3. I Believe My Time Ain't Long
4. Doctor Brown
5. Stop Messin' Round
6. Love That Burns
7. Jigsaw Puzzle Blues
8. Need Your Love Tonight
9. I'd Rather Go Blind
10. Crazy 'Bout You Baby
11. And That's Saying a Lot
12. I'm on My Way
13. No Road Is the Right Road
14. Let Me Go
15. I'm Too Far Gone
16. When You Say


Live in Boston Vol.1 - Remasterd Live in Boston Vol.1 - Remasterd 1985
CD UK Snapper SDPCD-122(2003)

1. Black Magic Woman
2. Jumping At Shadows
3. Like It This Way
4. Only You
5. Rattlesnake Shake - (previously unreleased)
6. I Can't Hold Out
7. Got to Move - (previously unreleased)
8. The Green Manalishi


Live in Boston Vol.2 - Remasterd Live in Boston Vol.2 - Remasterd 1985
CD UK Snapper SDPCD-127(2003)

1. World in Harmony
2. Oh Well
3. Rattlesnake Shake
4. Stranger Blues
5. Red Hot Mama
6. Teenage Darling
7. Keep a Knocking
8. Jenny Jenny


Live at the Marquee Live at the Marquee
2001( 1992)
CD USA Trojan 06076 80208-2

1. Talk to Me Baby
2. I Held My Baby Last Night
3. My Baby's Sweet
4. Looking for Somebody
5. Evil Woman Blues
6. Got to Move
7. No Place to Go
8. Watch Out
9. Mighty Long Time
10. Dust My Broom
11. I Need You, Come on Home to Me
12. Shake Your Moneymaker

Vaudeville Years of Fleetwood Mac 1968 - 1970 Vaudeville Years of Fleetwood Mac 1968 - 1970 1998
CD UK Receiver RDPCD 14Z

Disc-1
1. Intro/Lazy Poker Blues *
2. My Baby's Sweeter *
3. Love That Burns *
4. Talk to Me Baby *
5. Every Day I Have the Blues, Pt. 1 *
6. Jeremy's Contribution to Doo Wop
7. Every Day I Have the Blues, Pt. 2 *
8. Death Bells
9. (Watch Out for Yourself) Mr. Jones
10. Man of Action
11. Do You Give a Damn for Me *
12. Man of the World *
13. Like It This Way *
14. Blues in B Flat Minor *
15. Someone's Gonna Get Their Head Kicked in Tonight +
16. Although the Sun Is Shining *
17. Showbiz Blues *
Disc-2
1. Underway +
2. Madge Sessions, No. 1 +
3. Madge Sessions, No. 2
4. (That's What) I Want to Know
5. Oh Well (Alternate Version)
6. Love It Seems
7. Mighty Cold
8. Fast Talking Woman Blues *
9. Tell Me from the Start
10. October Jam, Pt. 1 *
11. October Jam, Pt. 2 *
12. Green Manalishi (With the Two Prong Crown) *
13. World in Harmony *
14. Farewell *
* = Unissued Version
+ = Full Length Version

The Complete Blue Horizon Sessions The Complete Blue Horizon Sessions 1999
CD USA Sire/Blue Horizon 73003-2

Disc-1(Fleetwood Mac)
1. My Heart Beat Like a Hammer
2. Merry-Go-Round
3. Long Grey Mare
4. Hellhound on My Trail
5. Shake Your Moneymaker
6. Looking for Somebody
7. No Place to Go
8. My Baby's Good to Me
9. I Loved Another Woman
10. Cold Black Night
11. World Keep on Turning
12. Got to Move
-Bonus Tracks-
13. My Heart Beat Like a Hammer
14. Merry-Go-Round
15. I Loved Another Woman
16. I Loved Another Woman
17. Cold Black Night
18. You're So Evil
19. I'm Coming Home to Stay

Disk-2(Mr. Fantasy)
1. Stop Messin' Round
2. I've Lost My Baby
3. Rollin' Man
4. Dust My Broom
5. Love That Burns
6. Doctor Brown
7. Need Your Love Tonight
8. If You Be My Baby
9. Evenin' Boogie
10. Lazy Poker Blues
11. Coming Home
12. Trying So Hard to Forget
-Bonus Tracks-
13. Stop Messin' Round
14. Stop Messin' Round
15. I Held My Baby Last Night
16. Mystery Boogie

Disk-3(The Pious Bird of Good Omen)
1. Need Your Love So Bad
2. Coming Home
3. Rambling Pony
4. Big Boat
5. I Believe My Time Ain't Long
6. Sun Is Shining
7. Albatross
8. Black Magic Woman
9. Just the Blues
10. Jigsaw Puzzle Blues
11. Looking for Somebody
12. Stop Messin' Round

Disk-4(Blues Jam In Chicago Vol.1)
1. Watch Out
2. Ooh Baby
3. South Indiana [Take 1]
4. South Indiana [Take 2]
5. Last Night
6. Red Hot Jam
7. Red Hot Jam [Take 2]
8. I'm Worried
9. I Held My Baby Last Night
10. Madison Blues
11. I Can't Hold Out
12. Bobby's Rock (Bonus Tracks)
13. I Need Your Love
14. Horton's Boogie Woogie(Bonus Tracks)
15. I Got the Blues

Disc-5(Blues Jam In Chicago Vol.2)
1. World's in a Tangle
2. Talk With You
3. Like It This Way
4. Someday Soon Baby
5. Hungry Country Girl
6. Black Jack Blues
7. Every Day I Have the Blues
8. Rockin' Boogie
9. My Baby's Gone
10. Sugar Mama [Take 1](Bonus Tracks)
11. Sugar Mama
12. Homework
-Bonus Tracks-
13. Honey Boy Blues
14. I Need Your Love
15. Horton's Boogie Woogie [Take 2]
16. Have a Good Time
17. That's Wrong
18. Rock Me Baby

Disc-6(The Original Fleetwood Mac)
1. Drifting
2. Leaving Town Blues
3. Watch Out
4. Fool No More [Take 1-8]
5. Mean Old Fireman
6. Can't Afford to Do It
7. Fleetwood Mac
8. Worried Dream [Take 1]
9. Love That Woman
10. Allow Me One More Show
11. First Train Home
12. Rambling Pony No. 2
13. Watch Out
14. Something Inside of Me
15. Something Inside of Me
16. Something Inside of Me
17. One Sunny Day
18. Without You
19. Coming Your Way

Live at the BBC Live at the BBC 2001
CD USA Castle 06076 81101-2
Disc-1

1. Rattlesnake Shake
2. Sandy Mary
3. Believe My Time Ain't Long
4. Although the Sun Is Shining
5. Only You
6. You Never Know What Your Missing
7. Oh Well
8. Can't Believe You Wanna Leave
9. Jenny Lee
10. Heavenly
11. When Will I Be Loved?
12. When I See My Baby
13. Buddy's Song
14. Honey Hush
15. Preachin'
16. Jumping at Shadows
17. Preachin' Blues
18. Need Your Love So Bad
Disc-2
1. Long Grey Mare
2. Sweet Home Chicago
3. Baby Please Set a Date
4. Blues With a Feeling
5. Stop Messin' Round
6. Tallahassee Lassie
7. Hang on to a Dream
8. Linda
9. Mean Mistreatin' Mama
10. World Keep on Turning
11. I Can't Hold Out
12. Early Morning Come
13. Albatross
14. Looking for Somebody
15. Fool No More
16. Got to Move
17. Like Crying Like Dying
18. Man of the World

'London Live '68' 'London Live '68' 2002
CD UK TKO MM 071

1. Got to Move
2. I Held My Baby Last Night
3. My Baby's Sweet
4. My Baby's a Good 'Un
5. Don't Know Which Way to Go
6. Buzz Me
7. Worried Dream
8. World Keep on Turning
9. How Blue Can You Get?
10. Bleeding Heart

Show Biz Blues 1968-1970 Show Biz Blues 1968-1970 2002
CD USA Castle 06076 81144-2

Disc-1
1. Soul Dressing
2. If You Want to Be Happy
3. Outrage
4. Sun Is Shining
5. Don't Be Cruel
6. I'm So Lonely and Blue
7. How Blue Can You Get?
8. My Baby's Sweeter
9. Long Grey Mare
10. Buzz Me Baby
11. Mind of My Own
12. I Have to Laugh
13. You're the One
14. Do You Give a Damn for Me
15. Him and Me
16. Showbiz Blues
17. Fast Talking Woman Blues
18. World in Harmony
19. Leaving Town Blues
Disc-2
1. Black Magic Woman
2. Jumping at Shadows
3. Rattlesnake Shake/Underway
4. Stranger Blues
5. World in Harmony
6. Tiger
7. Green Manalishi
  (With the Two Prong Crown)
8. Coming Your Way
9. Great Balls of Fire
10. Twist and Shout

The Best of Peter Green's Fleetwood Mac The Best of Peter Green's Fleetwood Mac 2002
CD UK Columbia 510155-2

1. Albatross
2. Black Magic Woman
3. Need Your Love So Bad
4. My Heart Beat Like a Hammer
5. Rollin' Man
6. Green Mamalishi
7. Man of the World
8. Something Inside Me
9. Looking for Somebody
10. Oh well (Parts 1&2)
11. Rattlesnake Sshake
12. Merry Go Round
13. I Loved Another Woman
14. Need Your Love Tonight
15. Worried Dream
16. Dragon Fly
17. Stop Messin' Around
18. Shake Your Moneymaker
19. I Would Rather Go Blind
20. Albatross (Chris Coco remix)

Black Magic Woman Black Magic Woman 2004
CD Germany Sony Music SMM-466272-9

1 Albatross
2 Need Your Love So Bad
3 Black Magic Woman
4 Coming Home
5 Just The Blues
6 Jigsaw Puzzle Blues
7 Stop Messin' Round
8 Let Me Go (Leave Me Alone)
9 I'd Rather Go Blind
10 The Big Boat
11 Rambling Pony
12 Doctor Brown
13 Looking For Somebody
14 Merry Go Round
15 Crazy 'Bout You Baby
16 I Believe My Time Ain't Long

 Boston live 1970 Fleetwood Mac ― Boston ―
CD China Snapper Music SMABX-1005

Disc- 1
1. Black Magic Woman
2. Jumping At Shadows
3. Like It This Way
4. Only You
5. Rattlesnake Shake
6. I Can`t Hold Out
7. Got To Move
8. The Green Manalishi

Disc- 2
1. World In Harmony
2. Oh Well
3. Rattlesnake Shak
4. Stranger Blues
5. Red Hot Mama
6. Teenage Darling
7. Keep A Knocking
8. Jenny Jenny
9. Encore Jam

Disc- 3
1. Jumping At Shadows
2. Sandy Mary
3. If You Let Me Love You
4. Loving Kind
5. Coming Your Way
6. Madison Blues
7. Got To Move
8. The Sun Is Shining
9. Oh Baby
10. Tiger
11. Great Balls Of Fire
12. Tutti Frutti
13. On We Jam

peter and jeremy


<Peter Green Solo Works>
 ピーター・B'sルーナーズ在籍時のうちの三曲は、フリートウッド・マック名義で発売された『Show Biz Blues 1968-1970』に収録されていたとして、先ず、彼が世間に認められたのがジョン・メイオールとブルーズブレイカーズ時代であり、在籍時に残した一枚のアルバムが『A Hard Road』でした。彼のその後のギタープレイの原点がこのアルバムにあります。
 この『A Hard Road』録音時と同じメンバー(メイオール、グリーン、マックヴィーにドラムスがエインズレー・ダンバー)をバックに、当時イギリスに来ていたエディ・ボイドが吹き込んだアルバムが『Eddie Boyd and His Blues Band』 で、まるっきりブルーズブレイカーズがヒズ・ブルーズ・バンドです。
エルモア・ジェイムズの"Dust My Broom"はフリートウッド・マックメンバーなら勿論ジェレミーがスライドギターを担当するのですが、ここではトニー・マックフィー(グラウンドホッグスのT.S.マックフィーのことで、彼も一時期メイオールの元でプレイしていました)が担当、三連スライドの迫力はやはりジェレミーの方が有りますね。
 このときの付合いが後のフリートウッド・マックのアルバムでエディーが参加するきっかけと成っているのですが、その時のセッションを含めたエディーの全Blue-Horizonレコーディングス物が『Eddie Boyd : Complete Blue Horizon Sessions』です。フリートウッド・マックがバックを務めたのは彼等のアルバムにも収められた2曲ですが、他の曲でもピーター・グリーンは"The Stroller"を除く曲で弾いていますし、ジョン・マックヴィーやミック・フリートウッドが参加している曲も半数を超えています。
 また、オーティス・スパンの『The Biggest Thing Since Colossus』は ダニー・カーワン在籍時の録音でアメリカ公演の際、ニューヨークでピーター・グリーン、ダニー・カーワン、ジョン・マックヴィーの三人がバックを務めてニューヨークで録音された物。"Temperature Is Rising"でのギターは聞き物です。ここら辺りのプロデュースはすべて、マイク・ヴァーノン(Mike Vernon)に依るものです。
また、ピーター・グリーンを初めクラプトンなどがメイオールのバンドにいた時に録音された音源が60年代後半に幾つかの形で数種発売されていました。『Looking Back』と題されたアルバムもその中のひとつでピーター・グリーンの未発表('69年当時)音源が主に収録されています。"It Hurts Me Too"、"Double Trouble"の2曲はベースがジョン・マックヴィー、ドラムスがミック・フリートウッドですので、ほぼフリートウッド・マックのメンバーですね。曲の出来は『A Hard Road』に比べたら、やはり落ちると思います(ピーター・グリーン参加の曲では"So Many Roads"が一番良いでしょう。他にクラプトンとミック・テイラーのギター演奏曲が各一曲ずつ収録されています。

 そして、 ピーター・グリーンは自らの意思で作ったバンド、フリートウッド・マックを'70年の5月に脱退しています。
イギリス国内だけの人気ではなく、シングル"Oh Well"やアルバム『Then Play On』がアメリカでヒットしたことで世界から注目されるように成ったこと・・・普通なら喜ばしい事なのに彼は周囲の変化に戸惑い、ついていけなく成ったのでしょうか、神経をすり減らしLSDに救いを求めて精神的な異常が起こり他のメンバーと上手く行かなくなりました。そんなLSD漬けの中で作られた初のソロ・アルバム『The End of the Game』はもの悲しい感じのインストゥルメンタル曲ばかりでした。
翌年、B.B・キングやジョン・メイオールのレコーディングに顔出ししては居ますが、その後は完全に神経衰弱に陥ってほぼ引退。一時は元マネージャーを脅して逮捕されたり、精神病院に一年間ほど('77年頃)入院していたりと病人として7〜8年間を過ごしていました。
後になって、フリートウッド・マックの『Penguin』での"Night Watch"や『Tusk』での"Brown Eyes"にノー・クレジットで参加していたという記事を数度見ましたが、音を聴いての判断では確信しにくく未確信です。ただ、『Penguin』発売時の1973年頃はどうだったのか判りませんが、『Tusk』の発売は'79年で音楽界に一度目のカムバックをした時期と重なりますので、レコーディングに参加した可能性はかなり高いです。
 カムバック後、『In The Skies』'78年、『Little Dreamer』'80年、『Watcha Gonna Do』&『Blue Guiter』'81年、『White Sky』'82年、『Kolors』'83年と地味ながらも順調に新作を出していた様ですが、その後にまた体調を崩して二度目のリタイアをしてしまいました。(この時期のは、発売されていたことさえ気がつきませんでした)
 
二度目の音楽界復帰は1996年 ジェフ・ベック・グループ、レインボー、マイケル・シェンカー・グループ、ホワイトスネイクなど、HR/HM系バンドを渡り歩いていたコージー・パウエルをドラマーに迎えたピーター・グリーン・スプリンター・グループ結成からとなりました。
先ず、ハンク・マーヴィンのトリビュート・アルバムで、シャドウズのヒット曲"Midnight"が収録されました。このアルバムにはブライアン・メイやリッチー・ブラックモア、トニー・アイオミなど、少年期にシャドウズを聴いた世代のギターリスト達が並んでいて面白いアルバムであります。(日本のある世代のギターリスト達がヴェンチャーズのノーキー・エドワーズのコピーから始めたのと似た現象でしょうね)
 この再度のカムバックもわたしが知ったのは、初期フリートウッド・マックの6枚組CD-BOXセットなどが発売されてからのことでした。スプリンター・グループ(Splinter Group)はブルーズ色は強いのですが、凄くリラックスした感じで昔のピーター・グリーンのイメージとかなりかけ離れていました。一音一音が素晴らしい響きだった若き日のあのブルーズではないですが、昔からの黒人音楽ファンならニヤリとする曲を奏ってくれていましてノスタルジックなムードを味わえて楽しめます。

また、ブルーズだけではなく、サザーン・ソウルの名曲"Dark End of the Street"(ボックス・トップスを有名にしたダン・ペン作ジェームズ・カーの熱唱で知られるサザーン・ソウルクラシックス)などを見つけて驚きました。
 『From Clarksdale to Heaven!』は2001年に亡くなったブルーズ界の大物、ジョン・リー・フッカーの追悼アルバムで一曲ピーター・グリーンが歌っています。声はかなり嗄れて年齢を感じさせますが、それが余計にジョン・リーの曲に合っている感じです。渋いアコギだけでなくハープもピーター・グリーンです。
 このアルバムには他にもジェフ・ベック、ミック・テイラー、ゲイリー・ムーア、ゲイリー・ブルッカーなども参加しています。

A Hard Road
A Hard Road
as John Mayall & the Bluesbreakers 1974(original-1967)
LP JAPAN London SLC-530

A
1. Hard Road
2. It's Over
3. You Don't Love Me
4. Stumble
5. Another Kinda Love
6. Hit the Highway
7. Leaping Christine
B
1. Dust My Blues
2. There's Always Work
3. Same Way
4. Supernatural
5. Top of the Hill
6. Someday After a While (You'll Be Sorry)
7. Living Alone

The End of the Game The End of the Game
as Peter Green 1970
LP UK Reprise K-44106

A
1. Bottoms Up
2. Timeless Time
3. Descending Scale
B
1. Burnt Foot
2. Hidden Depth
3. The End of the Game




Penguin
Penguin

as Fleetwood Mac 1990(original-1973)
CD USA Reprise 2138-2

8. Night Watch




Tusk
Tusk

as Fleetwood Mac 1987(original-1979)
CD France WEA WE-853

13. Brown Eyes




Looking Back
Looking Back

as John Mayall 1990(original-1969)
CD UK Deram 820 331-2

4. So Many Roads
5. Looking Back
6. Sitting in the Rain
7. It Hurts Me Too
8. Double Trouble
10. Jenny
11. Picture on the Wall


EDDIE BOYD AND HIS BLUES BAND Eddie Boyd and His Blues Band
   featuring PETER GREEN

as Eddie Boyd and His Blues Band 2004(original-1967)

CD UK Gottdisks GOTTCD-008

1. Too Bad Part 1
2. Dust My Broom
3. Unfair Lovers
4. Key to the Highway
5. Vacation from the Blues
6. Steak House Rock
7. Letter Missin' Blues
8. Ain't Doin' Too Bad
9. Blue Coat Man
10. The Train Is Coming
11. Save Her, Doctor
12. Rack 'Em Back
13. Too Bad Part 2
14. The Big Bell
15. Pinetop's Boogie Woogie
16. Night Time Is the Right Time

The Biggest Thing Since Colossus The Biggest Thing Since Colossus
as Otis Spann 1995(original 1969)
CD UK Sony Music 475972-2

1. My Love Depends on You
2. Walkin'
3. It Was a Big Thing
4. Temperature Is Rising (100. 2° F)
5. Dig You
6. No More Doggin'
7. Ain't Nobody's Business
8. She Needs Some Loving
9. I Need Some Air
10. Someday Baby

Twang! Twang!
A Tribute to Hank Marvin & the Shadows

as Various 1996
CD USA PANGÆA 72438 33928 2 7

6. Midnight
  by Peter Green & Splinter Group

Green & Guitar Green & Guitar:
  The Best Of Peter Green 1977-1981

as Peter Green 1998(original 1996)
CD EU Music Club MCCD-244

1. In the Skies
2. Loser Two Times
3. Cryin' Won't Bring You Back
4. Last Train to San Antone
5. Apostle
6. Little Dreamer
7. Clown
8. Gotta See Her Tonight
9. White Sky (Love That Evil Woman)
10. Carry My Love
11. Slabo Day
12. Fool No More
13. Baby When the Sun Goes Down
14. Funky Jam

A Hard Road A Hard Road (Expanded Edition)
as John Mayall & the Bluesbreakers 2003
(Original 1967 + Compilation featuring Peter Green)
CD USA Universal-Deram B0001083-02

Disc-1 (A Hard Road + Bonus)
1. Hard Road
2. It's Over
3. You Don't Love Me
4. Stumble
5. Another Kinda Love
6. Hit the Highway
7. Leaping Christine
8. Dust My Blues
9. There's Always Work
10. Same Way
11. Supernatural
12. Top of the Hill
13. Someday After a While (You'll Be Sorry)
14. Living Alone
15. Evil Woman Blues
    from LP "Raw Blues"
16. All My Life
17. Ridin' on the L & N
18. Little by Little
19. Eagle Eye
    16-19 from EP "With Paul Butterfield"

Disc-2 (Compilation)
1. Looking Back
2. So Many Roads
3. Sitting in the Rain
4. Out of Reach
5. Mama Talk to Your Daughter
6. Alabama Blues
7. Curly
8. Rubber Duck
9. Greeny
10. Missing You
11. Please Don't Tell
12. Your Funeral and My Trial
13. Double Trouble
14. It Hurts Me Too
15. Jenny
16. Picture on the Wall
17. First Time Alone

<font color="#800000"><b>In the Skies</b></font> In the Skies
as Peter Green 2005
CD USA Sanctuary 06076-86386-2

1. In The Skies 
2. Slabo Day 
3. A Fool No More 
4. Tribal Dance 
5. Seven Stars 
6. Funky Chunk 
7. Just For You 
8. Proud Pinto 
9. Apostle

<font color="#800000"><b>Little Dreamer </b></font> Little Dreamer
as Peter Green 1997
CD JAPAN Creoler CRCL-4010

1. Loser Two Times 
2. Momma Don’tcha Cry 
3. Born Under A Bad Sign 
4. I Could Not Ask For More 
5. Baby When The Sun Goes Down 
6. Walkin’ The Road 
7. One Woman Love 
8. Cryin’ Won’t Bring You Back 
9. Little Dreamer

Whatcha Gonna Do? Whatcha Gonna Do?
as Peter Green 1997
CD JAPAN Creoler CRCL-4011

1. Got To See Her Tonight 
2. Promised Land 
3. Bullet In The Sky 
4. Give Me Back My Freedom 
5. Last Train To San Antone 
6. To Breave Your Heart 
7. Bizzy Lizzy 
8. Lost My Love 
9. Like A Hot Tomato

<font color="#800000"><b>White Sky</b></font> White Sky
as Peter Green 1997
CD JAPAN Creoler CRCL-4013

1. Time For Me To Go 
2. Shining Star 
3. The Clown 
4. White Sky (Love That Evil Woman) 
5. It’s Gonna Be Me 
6. Born On The Wild Side 
7. Fallin’ Apart 
8. Indian Lover 
9. Just Another Guy

<font color="#800000"><b>Kolors</b></font> Kolors
as Peter Green 1997
CD JAPAN Creoler CRCL-4014

1. What Am I Doing Here? 
2. Bad Bad Feeling 
3. Big Boy Now 
4. Black Woman 
5. Bandit 
6. Same Old Blues 
7. Liquor And You 
8. Gotta Do It With Me 
9. Funky Jam

The Robert Johnson Songbook   The Robert Johnson Songbook
as Peter Green with Nigel Watson 1998
CD UK Snapper 100022

1. When You Got A Good Friend
2. 32-20 Blues
3. Phonograph Blues
4. Last Fair Deal Gone Down
5. Stop Breakin' Down Blues
6. Walkin' Blues
7. Love In Vain Blues
8. Ramblin' On My Mind
9. Stones In My Passway
10. Me And The Devil Blues
11. Honeymoon Blues
12. I Believe I'll Dust My Broom
13. If I Had Possession Over Judgement Day
14. Sweet Home Chicago

Splinter Group Soho Live at Ronnie Scott's Splinter Group Soho Live at Ronnie Scott's
as Peter Green 2001
CD UK Snapper SMDCD327

Disc-1
1.It Takes Time
2.Homework
3.Black Magic Woman
4.Hey Mama Keep Your Big Mouth Shut
5.The Supernatural
6.Rattlesnake Shake
7.Shake Your Hips
8.Albatross

Disc-2
1.Travelling Riverside Blues
2.Steady Rollin' Man
3.Honeymoon Blues
4.Last Fair Deal Gone Down
5.If I Had Possession Over Judgement Day
6.Green Manalishi
7.Goin' Down
8.Help Me
9.Look On Yonder Wall

Splinter Group/Destiny Road Splinter Group/Destiny Road
as Peter Green 2003
CD UK Snapper SMDCD466

Disc-1(Splinter Group)
1. Hitch Hiking Woman
2. Travelling Riverside Blues
3. Look on Yonder Hill
4. Homework
5. Stumble
6. Help Me
7. Watch Your Step
8. From Four Till Late
9. Steady Rollin' Man
10. It Takes Time
11. Dark End of the Street
12. Going Down

DIsc-2(Destiny Road)
1. Big Chance Is Gonna Come
2. Say That You Want To
3. Heart of Stone
4. You'll Be Sorry Someday
5. Tribal Dance
6. Burglar
7. Turn Your Love Away
8. Madison Blues
9. I Can't Help Myself
10. Indians
11. Hiding in Shadows
12. There's a River

Complete Blue Horizon Sessions Complete Blue Horizon Sessions
as Eddie Boyd 2006
( recorded in 1967-1968)
CD UK SONY/BMG 82876769682

1. It's So Miserable To Be Alone
2. Empty Arm
3. You Got to Reap
4. Just the Blues
5. She's Real
6. Back Slack
7. Be Careful
8. Ten to One
9. Blues Is Here to Stay
10. You Are My Love
11. Third Degree
12. Thank You Baby
13. She's Gone
14. I Can't Stop Loving You
15. Big Boat
16. Sent for You Yesterday
      and Here You Come Today
17. The Stroller
18. No Place Like Home

From Clarksdale to Heaven From Clarksdale to Heaven!
Remembering John Lee Hooker

as Various 2002
CD Japan Eagle/Victor VICP-62042

8. Crawlin' King Snake
  by Peter Green & Splinter Group

Peter Green The Anthology Peter Green The Anthology

as Peter Green2008
CD UK Salvo SALVOBX-404

Disc-1
1.Evil Woman Blues / John Mayall
2.The Stumble / John Mayall's Bluesbreakers
3.Sitting In The Rain / John Mayall's Bluesbreakers
4.The World Keep On Turning / Fleetwood Mac
5.The Supernatural / John Mayall's Bluesbreakers
6.Looking For Somebody / Fleetwood Mac
7.Long Grey Mare (feat. Bob Brunning) / Fleetwood Mac
8.Stop Messin' Around / Fleetwood Mac
9.Train Is Coming / Eddie Boyd & His Blues Band
10.Greeny / John Mayall's Bluesbreakers
11.Soul Dressing / Peter B's Looners
12.I Loved Another Woman / Fleetwood Mac
13.No Place To Go / Fleetwood Mac
14.You Don't Love Me / John Mayall's Bluesbreakers
15.Lazy Poker Blues / Fleetwood Mac
16.Merry Go Round / Fleetwood Mac
17.Trying So Hard To Forget / Duster Bennett
18.Ramblin' Pony / Fleetwood Mac
19.Drifting / Fleetwood Mac

Disc-2
1.Black Magic Woman / Fleetwood Mac
2.Albatross / Fleetwood Mac
3.Ain't Nobody's Business / Otis Spann
4.Someday Baby / Otis Spann
5.Watch Out / Fleetwood Mac (Blues Jam At Chess)
6.Ooh Baby / Fleetwood Mac (Blues Jam At Chess)
7.Horton's Boogie Woogie - Take One / Walter Horton, Otis Spann & S.P. Leary (Blues Jam At Chess)
8.Love That Burns / Fleetwood Mac
9.First Train Home / Fleetwood Mac
10.Need Your Love So Bad / Fleetwood Mac
11.Don't Goof / The Spook / Peter Bardens
12.The Answer / Peter Bardens
13.Homage To The God Of Light / Peter Bardens
14.Oh Well Part 1 and Part 2 / Fleetwood Mac

Disc-3
1.Man Of The World / Fleetwood Mac
2.Before The Beginning / Fleetwood Mac
3.Momma Don'tcha Cry Peter Green, solo
4.Underway / Fleetwood Mac
5.Rattlesnake Shake / Fleetwood Mac
6.It's Gonna Be Me Peter Green, solo
7.White Sky (love that evil woman) / Fleetwood Mac
8.The Green Manalishi (with The Two Prong Crown) / Fleetwood Mac
9.Show-biz Blues / Fleetwood Mac
10.In The Skies Peter Green, solo
11.Like A Hot Tomato Peter Green, solo
12.Whatcha Gonna Do? Peter Green, solo
13.Carry My Love Peter Green, solo
14.Corners Of My Mind Peter Green, solo
15.Hidden Depth (feat. Zoot Money) Peter Green, solo

Disc-4
1.Big Change Is Gonna Come / Splinter Group
2.I'm A Steady Rollin' Man (feat. Otis Rush) / Nigel Watson & Splinter Group
3.It Takes Time / Splinter Group
4.Don't Walk Away / Splinter Group
5.Heart Of Stone / Splinter Group
6.Love In Vain Blues / Nigel Watson & Splinter Group
7.From Four Until Late (feat. Dr John) / Nigel Watson & Splinter Group
8.I'm Ready For You / Splinter Group
9.Cruel Contradictions / Dick Heckstall-Smith
10.Me And The Devil Blues / Nigel Watson & Splinter Group
11.Cross Road Blues (feat. Buddy Guy) / Nigel Watson & Splinter Group
12.Dead Shrimp Blues (feat. Hubert Sumlin) / Nigel Watson & Splinter Group
13.Travelling Riverside Blues (feat. Joe Louis Walker & Honey Boy Edwards) / Nigel Watson & Splinter Group
14.Time Keeps Slipping Away / Splinter Group
15.Look Out For Yourself / Splinter Group
16.Albatross / Chris Coco


<Jeremy Spencer Solo Works>
 ジェレミー・スペンサーはロック・ギターリストのボトル・ネック奏法を語る時、必ず最初に名が出てくるほどスライドギターリストとしては名を馳せましたが(ピーターも彼のスライドギターを見込んで仲間に入れています)、エルモア・ジェイムズ流というか、本物以上に迫力有るボトル・ネック奏法ですがこの手のスライドギターばかりだったため、ピーター・グリーンの様に黒人ブルーズマン達とのセッション時でもお呼びがかからなかったり、外されたりとギターリストとしての部分ではバンドの一員で終わった感が有ります。
 バンドの一員としては作曲も出来るし、ピアノも上手いし、ヴォーカルもいけるしと、かなり強力なメンバーであったと思います。
 その様なジェレミーのピアノによるブルーズが聴けるのが、'63年〜'64年にImmediateに残されたブリティッシュ・ブルーズの起源時の録音群です。(クラプトン、ベック、ペイジ、メイオール、サヴォイ・ブラウンなどの貴重な録音集です)"Look Down at My Woman"と"Who's Knocking"の二曲が残されていますが、共に彼のオリジナル・ブルーズです。 その後、The Levi Setというバンドを経てフリートウッド・マックに参加しています。
 フリートウッド・マック時代に発売されたソロ・アルバムは、元々『Then Play On』の中に組み込まれてフリートウッド・マック名義で発売されるべく録音されていながら、アルバムの統一性の問題からか(?)別途単独ソロ・アルバムとして発売されました。ブルーズ好きとしてのジェレミーともう一つの顔、プレスリー狂・ロックンロール狂の顔が随所に出たアメリカン・ポップス的なアルバムです。"Linda"はモロにトミー・ローの"Sheila"ですし、次の"The Shape I'm in"はプレスリー風、そして次がヘビーなブルーズ・ロックなどと彼の好きな物がごった煮で詰まったかなり私的には楽しく好きなアルバムでした。
メンバーは勿論フリートウッド・マックのメンバーですがピーター・グリーンはバンジョーで"String-a-Long"に参加したのみです。(バンジョーでとは言え、ピーターがこんなに明るく楽しい曲を演奏するのは正規に発売された中では珍しい事でした。後の発掘物ライブや未発表音源集では数曲、ジェレミーに付き合った物がありました。)

このサウンドの続きがフリートウッド・マックとしての『Kiln House』に成るのですが、この後彼は新興宗教教団である「Children Of God」に洗脳されてフリートウッド・マックを脱退してしまいました。そして、その新興宗教教団のメンバー達と出したのが『Jeremy Spencer and the Children』です。内容はいつもホットでエルモアに成りきったり、プレスリーに成りきったりと情熱むき出しの部分が有った彼ですが、なんか軽く成りすぎてサラサラと流れすぎる水のようで特徴の薄いアルバムでした。
 その後、音沙汰無しでしたが'79年に突然 The Jeremy Spencer Band 名義でMichael Fogartyと組んでアルバムが発売されました、出てきた音は昔のジェレミーからは想像もつかないようなサウンドで驚かされました。TOTOやスティーリー・ダン風的なサウンドの中、ジェレミーのギターは泣くようにブルージーな音で素晴らしく、感化されたらとことん感化されるジェレミーの性質が再開花した感じです。
 でも、この後またまた音楽界から長く離れてしまったジェレミーでした。そして'90年代後半頃から少しずつ復活してきたのか、'99年にライブCDが出ていたらしいです。
最近、また新譜が出ました(2005年録音、2006年発売『Precious Little』)。ノルウェーに渡り地元のミュージシャンをバックにスロー・ブルーズ(オリジナルも有りますが、相変わらずエルモア・ジェイムズの曲も奏っています)と昔のまま変わらず、プレスリータイプの曲もきっちり入っていました。
 
The Archives of British Blues
The Archives of British Blues
Featuring Clapton, Beck, Page & Other Greats

Various artists

LP JAPAN Immediate IIR-8143

A-7. Look Down at My Woman
  by Jeremy Spencer

Jeremy Spencer Jeremy Spencer
as Jeremy Spencer 1970
LP UK Reprise K44105

A
1. Linda
2. The Shape I'm in
3. Mean Blues
4. String-a-Long
5. Here Come Charlie (With His Dancing Shoes On)
6. Teenage Love Affair
B
1. Jenny Lee
2. Don't Go, Please Stay
3. You Made a Hit
4. Take a Look Around Mrs.Brown (Sic)
5. Surfin' Girl
6. If I Could Swim the Mountain

Jeremy Spencer and the Children Jeremy Spencer and the Children
as Jeremy Spencer and the Children 1972
LP USA Columbia KC-31990

A
1. Can You Hear the Song?
2. The World in Her Heart
3. Joan of Arc
4. The Prophet
5. When I Looked to See the Sunshine
B
1. Let's Get on the Ball
2. Someone Told Me
3. Beauty for Ashes
4. War Horse
5. I Believe in Jesus


Free Free
as The Jeremy Spencer Band 1979
LP USA Atlantic SD-19236

A
1. Deeper
2. Sunshine
3. Love Our Way Outta Here
B
1. Flee
2. Cool Breeze
3. You've Got The Right
4. Travellin'


Blues Anytime 1
Blues Anytime 1

as Various 2001
CD JAPAN Immediate VICP-61241

18. Who's Knocking
20. Look Down at My Woman
  by Jeremy Spencer



Precious Little Precious Little
as Jeremy Spencer
CD USA Blind Pig/Bluestown BPCD-5106

1.Bitter Lemon
2.Psychic Waste
3.It Hurts Me Too
4.Please Don't Stop
5.Serene Serena
6.Dr. J
7.Bleeding Heart
8.Many Sparrows
9.Trouble And Woe
10.Maria De Santiago
11.Take And Give
12.Precious Little




BACK