イメージ
ハイライト
 
気がついてみると
ズーッと遠くのことに
よどんだよどんだ
港で油が泳ぎ

わたしはあの頃ハイライト
吹き出した湯気は
確かに確かに
都会で一度は舞った

船に乗ろうか乗るまいか
ボストンバッグに小さな勇気
振り返ることが恐かった
わたしはあの頃ハイライト
 

June 13, 2009



見えません
 
灰が落ちますよ
わたしには 何も見えません
我を忘れて
あなたが見つめるあの空に

ここはわたしの四角い世界
言いようもなく
黒い風が横切って
寒い四隅を凍らせる

おびえる幼い幸せが
落ち着く場所を求めます
心の休日探します

閉じた瞼に映るのは
とってもヒップなあなたの
微笑む姿

微笑む姿しか見えません
 

June 14, 2009
イメージ


イメージ
鳴き声
 
君の引きずるバイオリンは
何故 こんなにも悲しい声
泣いている 泣いている
頭の真ん中を すり抜ける

折れそでか細い君の魂は
あの頃と少しも変わっていない

眠りの中きしむバイオリンは
何故 こんなにも淋しい声
おびえてる おびえてる
背筋の真ん中を 走り抜ける

流れ落ちても乾かぬ私の涙は
あの頃と少しも変わっていない

若きは戻らぬ 若きは帰らぬ
ただ ただ それだけ
きみとわたし
あの頃と少しも変わっていない

バイオリンの声も変わらない
 

Oct 20, 2009

足音ひとつ   
 

確か 一本道でした
わたしの歩いていた道は
きっとこれからも
一本の道でしょう

今 わたしは
ふたりで歩いた道を
懐かしんでいます

あの道は あの道は
いつからか どこからか
二本の道に
分かれていたのでしょうか

今 わたしは
ふたりで歩いた道を
振り返っています

泣き虫だったふたり
弱虫だったふたり

何故か 何故か
ますます 泣き虫に
ますます 弱虫に
成りそうですね
 

Oct 29, 2009
イメージ



PREV  NEXT