O.V.Wright, Johnny Adams


 好きな男性ソウルシンガー・・・第2弾ということで、有名どころのO.V.ライト、そしてジョニー・アダムスを取り上げました。

【O.V.Wright】

 O.V.Wright, フルネームは(Overton Vertis Wright) 1939年10月9日 テネシー州レノ(メンフィスの近く)生まれ。
 イギリス人が好んで使った言葉に"Deep Soul"という言葉があります。サザーン、ノーザンといった地域に限定されず、ゴスペルをベースにジックリと歌い上げる様なタイプのソウル・ミュージックを引っくるめて言うのでしょうが、O.V.Wrightはそのような、デイープ・ソウルシンガーの代表でしょう。
ディープというよりヘビーな歌い方は悲痛な呻きのようにさえきこえる事もあります。心に響くシンガーであります。

10代の頃からゴスペルを唱うグループを転々とし、10代後半の頃にはプロのサンセット・トラベラーズ(Peacockレコード所属)というグループで歌い始め、その後ソロになり1964年にGoldwaxから"That's How Strong My Love Is / There Goes My Used to Be"のカップリングでデビュー。このデビュー曲は国内では1977年にGoldwaxの編集物で紹介されました。

一枚のシングルを残してGoldwaxを去りBack BeatというDukeレコード傘下に移籍。'65年から'74年までの間に19枚のシングルと5枚のアルバムを残しています。   
 その後、'75年にABCレーベルで2枚のシングルとABC傘下のDunhillで1枚のシングルを出していますが、ABCへ移籍したのではなく1973年にDukeがABC傘下に成った為でした(傘下の傘下であるBack Beat レーベルも同じ)。ABC傘下になったあと直ぐにBack Beatレーベルは倒産、消滅してしまいます。
Back Beat の上位会社だったABCはO.V.と契約しなかったので、彼は('60年代後半からウィリー・ミッチェルにプロデュースを依頼していたのが繋がりで)'76年にHiへ移りました。Hiでは6枚のシングルと3枚のアルバムを発表。また日本ビクターが日本での'79公演ライブ盤をHiレーベルで出しました。
 0.V. は41歳という若さで心臓発作を起こし亡くなる訳ですが、その主たる原因がヘロイン。'73年(34歳)頃から麻薬に手を出したらしく、元々の浪費癖も拍車をかけ入ったお金がすべて麻薬代に変わるような、急激なのめり込みで身体は徐々に蝕まれて行ったようです。終いには薬代が無くなると窃盗までし、何回か牢獄行きに成ったとか。(ABCからシングルが出ていた頃は服役中だった模様です)
 Hiでのアルバム1枚目と3枚目では声がかなり変化しています。亡くなる前年に奇跡の日本公演を行った0.V. ライト。彼の短い人生で残された歌唱は強烈に聴き手の心に染み入ります。




 LP時代、最初にHi録音の『Into Something』を買い、それを気に入ってからBack Beat録音のアルバムを2種買っています。
 セカンドアルバムにあたる『8 MEN AND 4 WOMEN 』はファーストアルバム『(If It's) Only For Tonight』とだぶる曲が10曲もありますが、楽曲"Eight Men and Four Women"のヒットにより急遽、ファーストから2曲だけ入れ替えて発売されたアルバムでした。その差し替えられた曲はA面、B面それぞれの一曲目”Eight Men and Four Women”、”Bachelor's Blues”で外された曲は”Wish I Were That Boy”、”If It's Only For Tonight”という曲。
 このヒットした"Eight Men and Four Women"は"朝日のあたる家"で有名なアメリカン・トラディショナル"Rising Sun Blues"のアニマルズ・ヴァージョンのアレンジに似た、物悲しい雰囲気のマイナー・ブルース調ソングです。
12曲中ファーストとダブった10曲はかなり東部のR&Bスタイルが残っています。
 ヒューストンとメンフィスという録音スタジオの違い以上にプロデューサーの交代が原因でしょうか。この6枚目のシングル曲(Back Beat移籍後の5枚目)"Eight Men and Four Women"からプロデュースがウィリー・ミッチェルに携わりました。
ヒューストン録音曲の中では"Can't Find True Love"('64年録音)が最も南部フィーリングが有り後年に近いです。

  サード、フォースの『Nucleus Of Soul』、『A Nickel And A Nail And Ace Of Spades』 はCD時代に後で購入しましたので記述は後回しにして、先に5枚目『MEMPHIS UNLIMITED』を。
 気持ちよいドラムスの音に乗って始まる"I've Been Searching"からHiサウンドを感じられます。彼の名唱を味わえるのはスローな"Ghetto Child"、"He's My Son "と、まるで"Eight Men〜"調の"Memory Blues"やミディアムの"Lost in the Shuffle"あたりです。



Eight Men and Four Women
8 MEN AND 4 WOMEN (USA 1967) Back Beat LP-66 (LP)
 
A
1. Eight Men and Four Women
2. Why Don't You Believe Me
3. Can't Find True Love
4. Don't Want to Sit Down
5. Everybody Knows
6. I Could Write a Book
B
1. Bachelor's Blues
2. You're Gonna Make Me Cry
3. Monkey Dog
4. You've Been Crying
5. I Can't Believe
6. Motherless Child

Memphis Unlimited
MEMPHIS UNLIMITED (USA 1974--original=1973 Back Beat) ABC/Back Beat BBLX-72 (LP)
 
A
1. I've Been Searching
2. Nothing Comes to a Sleeper
3. The Only Thing That Saved Me
4. He's My Son (Just the Same)
5. You Must Believe in Yourself
6. Lost in the Shuffle
B
1. I'd Rather Be Blind, Cripple, and Crazy
2. Please Forgive Me
3. Are You Going Where I'm Coming From
4. Ghetto Child
5. Memory Blues
6. I'm Going Home (To Live with God)

 HIレコードへ移籍後の初めてのアルバムが『INTO SOMETHING』。わたしが最初に買ったアルバムです。これは全編全曲素晴らしく、大好きなアルバムです。
特に "Into Something","Precious Precious"(作者はジャッキー・ムーア) はシングルでも発売されBB誌R&Bチャートでも50位内のヒットに成ったのでソウル・ファンには結構知られた曲です。間に挟まった"I Feel Love Growin' "はミディアムの心地よい佳曲です。B面は他人の曲のカバー中心とGoldwax時代の再演ですがどれも秀逸です。アル・グリーンで知られる"God Bleased Our Love"は特に好きです。また、Goldwaxでの唯一のシングルB面曲"That's How Strong My Love Is邦題:この強き愛"はオーティス・レディングで有名ですが先に録音したのはO.V.ライトの方です。作者はRoosevelt Jamisonという人で他にジェームス・カーで知られる"You Don't Want Me","I Can't Make It"等の作者でメンフィスでGoldwaxレーベルの音楽マネージャー、ソングライターをしていた人です。

 『INTO SOMETHING』のヒットにより国内でもBack Beat時代のLP群が日本コロムビアから再発されていました。
その中の一つにアルバム未収録曲ばかりを集めた日本編集盤も出たのですがそれが『ALL ABOUT ME』。オリジナルの『Nucleus Of Soul』『 A Nickel And A Nail And Ace Of Spades』はいつでも買えそうだったので先に編集盤を買いました。(まぁ後回しにすると知らぬ間に廃盤というのは何度も経験していたのに・・・です)
 トップの"What about You"はドン・ブライアントの曲。2曲目 "Heartaches,Heartaches"も良いです。あともドンドン良い曲が続きます。このシングル集の曲、長らく市場から消えていましたので、一応は買っておいて良かったのですが。

 Hiでの2枚目のアルバム『The Bottom Line』も勿論ウィリー・ミッチェルのプロデュース。
ジャケット写真でかなり痩せて来ているのが伺えます。一曲目と二曲目はジョージ・ジャクソンが作曲に加わっています。一曲目タイトルソングの" The Bottom Line"は当にHiの音、サザーン・ソウル。ゆったりと歌われますが、心に染み入ります。
 3曲目はボビー・ウーマック、5曲目はラティモアがオリジナルで4曲目はアイザック・ヘイズ作ながらルゥ・ロウルズが最初のヒット。わたしはソウル系じゃないですがコールド・ブラッドの歌ったのが好きです。
3曲目からはメロウなサウンドが特徴ですがラティモアの"Let's Straighten It Out"が良いです。コロコロ転がるピアノの音もジャズっぽくて本家ヴァージョンより好きです。"That's the Way I Feel About 'Cha"は・・・ウーン残念ながら本家の方が良いと思います。

 次ぐ『WE'RE STILL TOGETHER 』遂に本人は表も裏もジャケ写真に登場していません。10年ほど前は100キロ近くあった体重が入退院の繰り返しでこの頃には50キロ代にまで細っていたとか。但し歌声の方は前作よりもはつらつとしています。Hiの3枚の中では1枚目に次いで好きです。ここではEarl Randleの曲が増えています。ファンキーで、バック・コーラスなど従えてポインターシスターズなんかが歌いそうな"The Hurt Is On"はノリ抜群です。
あとアレサ・フランクリンのヒット2曲も良いです。ラストの"Sacrifice"は"Sce of Hearts"で名が知れたメルヴィン・カーターの曲、良いと思います。

INTO SOMETHING
INTO SOMETHING (CAN'T SHAKE LOOSE) (USA 1977) Cream/Hi HLP-6001

A
1. Into Something (Can't Shake Loose)
2. I Feel Love Growin'
3. Precious Precious
4. The Time We Have
5. You Gotta Have Love
B
1. Trying To Live My Life
2. Medley
  a)God Bleased Our Love
  b)When A Man Loves A Woman
  c)That's How Strong My Love Is

ALL ABOUT ME
ALL ABOUT ME (JAPAN 1978) Columbia/Backbeat YS-8050 (LP)
 
A
1. What about You
2. Heartaches,Heartaches
3. Gone for Good
4. Nobody But You
5. Slow and Easy
6. What More Can I Do
B
1. Poor Boy
2. Oh Baby Mine
3. Henpacked Man
4. Missing You
5. Treasured Moment
6. What Did You Tell This Girl of Mine
7. If It's Only for Tonight

The Bottom Line
THE BOTTOM LINE  (USA 1978) Cream/Hi HLP-6008

A
1 The Bottom Line
2 I Don't Do Windows
3 That's the Way I Feel About 'Cha
4 Your Good Thing (Is About to End)
5 Let's Straighten It Out
B
1 I Don't Know Why
2 No Easy Way to Say Goodbye
3 Little More Time
4 Since You Left These Arms of Mine
5 A Long Road

We're Still Together
WE'RE STILL TOGETHER  (USA 1979) Cream/Hi HLP-6011

A
1 We're Still Together
2 I Found Peace
3 It's Cold Without Your Love
4 Baby Baby Baby
5 I'm Gonna Stay
B
1 The Hurt Is On
2 Today I Sing the Blues
3 Mirror of My Soul
4 Sacrifice

 CD時代に入りまず手にしたのがBack Beat時代で持っていなかった音源の入った編集物でした。米盤なので "Ace of Spades"の入れ間違いはありません。4枚目のアルバム『A Nickel And A Nail And Ace Of Spades』収録曲のいくつかが聴けたのが良かったです。

 そして彼がHiレーベルに残した音源の集大成セットが出ました。『COMPLETE O.V. WRIGHT ON HI RECORDS VOLUME 1 IN THE STUDIO』はHiでの最初のシングル盤A面/B面曲(アルバム未収録)から始まり、3枚のアルバムと正式発売の無かったデモテープ起こし"Fool Can't See the Light"、"| I'm Gonna Be a Big Man Someday"までのスタジオ録音曲がすべて収録されています。

 『COMPLETE O.V. WRIGHT ON HI RECORDS VOLUME 2: ON STAGE (LIVE IN JAPAN)』は1979年中野サンプラザでの日本公演ライブをそのまま。

 『SOUL CLASSICS 邦題:ベスト・オヴ・O.V. ライト』はBack Beat時代の編集物、前述の米編集『THE SOUL OF O.V. WRIGHT』とダブる曲多数ですが、曲数は多く選曲は鈴木啓志さん。"Afflicted"が素晴らしいです。

 『The Wright Stuff/Live Japan』はHiでのスタジオ録音物のベストセレクト集の形をとり、後半はオリジナルLP『Live in Japan』からの選曲集。スタジオ録音の方では(シングル発売のみで)アルバム未収録の"Rhymes"`,、"Without You"が入っています。

The Soul of O.V. Wright
THE SOUL OF O.V. WRIGHT (USA 1992) MCA/Duke-Peacock MCAD 10670

1.You're Gonna Make Me Cry
2.I'd Rather Be Blind, Crippled and Crazy
3.When You Took Your Love from Me
4.Gonna Forget About You
5.Everybody Knows (The River Song)
6.Don't Let My Baby Ride
7.I Don't Want to Sit Down
8.Born All Over
9.Ace of Spades
10.Eight Men, Four Women
11.Nickel and a Nail
12.Heartaches, Heartaches
13.Drowning on Dry Land
14.Monkey Dog
15.He's My Son (Just the Same)
16.I've Been Searching
17.Motherless Child
18.I'm Going Home (To Live With God)

The Wright Stuff/Live Japan The Wright Stuff/Live Japan (UK 1995) CD HIUKCD103


1. Into Something (Can't Shake Loose)
2. I Feel Love Growin
3. Precious, Precious
4. Trying To Live My Life Without You
5. Your Good Thing Is About To End
6. The Bottom Line
7. I Don't Do Windows
8. I Don't Know Why
9. The Time We Have
10. You Gotta Have Love
11. Rhymes
12. Without You
13. I'd Rather Be Blind Crippled And Crazy
14. Ace Of Spades
15. Eight Men And Four Women
16. Love And Happiness
17. God Blessed Our Love
18. When A Man Loves A Woman
19. That's How Strong My Love Is
20. You're Gonna Make Me Cry

 Hi音源の編集物が出て暫くして出たHi音源集大成の2種のCD『COMPLETE O.V. WRIGHT ON HI RECORDS VOLUME 1』、『COMPLETE O.V. WRIGHT ON HI RECORDS VOLUME 2』。もっと早く出て欲しかった・・・
 そしてその後国内で出たBackbeat時代のレア音源集『SOUL CLASSICS』。これもまたその後にBackbeat時代のComplete物が・・・

Complete O.V. Wright On Hi Records Volume 1
COMPLETE O.V. WRIGHT ON HI RECORDS VOLUME 1 IN THE STUDIO
(USA 1999) Cream/Hi HEXD-47

Disc 1
1 Rhymes
2 Without You
3 Into Something (Can't Shake Loose)
4 I Feel Love Growin'
5 Precious, Precious
6 Time We Have
7 You Gotta Have Love
8 Trying to Live My Life Without You
9 Medley: God Blessed Our Love/When a Man Loves a Woman/That's How Strong
10 Bottom Line
11 I Don't Do Windows
12 That's the Way I Feel About 'Cha
13 Your Good Thing (Is About to End)
14 Let's Straighten It Out
15 I Don't Know Why
16 No Easy Way to Say Goodbye
17 Little More Time
18 Since You Left These Arms of Mine
19 Long Road
20 We're Still Together
21 I Found Peace
22 It's Cold Without Your Love
23 Try It Baby
24 I'm Gonna Stay
25 Hurt Is On
26 Today I Sing The Blues
27 Mirror Of My Soul
28 Sacrifice
29 Fool Can't See The Light
30 I'm Gonna Be A Big Man
31 Someday

Disc 2
1 We're Still Together
2 I Found Peace
3 It's Cold Without Your Love
4 Baby Baby Baby
5 I'm Gonna Stay
6 Hurt Is On
7 Today I Sing the Blues
8 Mirror of My Soul
9 Sacrifice
10 Fool Can't See the Light (Bonus Track)
11 I'm Gonna Be a Big Man Someday (Bonus Track)

Complete O.V. Wright On Hi Records Volume 2
COMPLETE O.V. WRIGHT ON HI RECORDS VOLUME 2: ON STAGE (LIVE IN JAPAN)
(USA 1999) Cream/Hi HILO-116

1. I'd Rather Be Blind Crippled And Crazy
2. Ace Of Spades
3. Eight Men And Four Women
4. Precious Precious
5. Love And Happiness
6. God Blessed Our Love / When A Man Loves A Woman / That's How Strong My Love Is / You're Gonna Make Me Cry
7. Into Something (Can't Shake Loose)

Soul Classics
SOUL CLASSICS (Japan 2003) Victor/MCA-Back Beat UICY-1186

1. Don't Let My Baby Ride
2. Born All Over
3. Ace Of Spades
4. I Can't Take It
5. Afflicted
6. When You Took Your Love From Me
7. A Nickel And A Nail
8. Don't Take It Away
9. I've Been Searching
10. He's My Son (Just the Same)
11. Lost in the Shuffle
12. Please Forgive Me
13. Ghetto Child
14. Eigit Men,Four Women
15. What Did You Tell This Girl of Mine
16. What about You
17. Why Not Give Me a Chance
18. I'll Hate Myself Tomorrow
19. Blowing the Wind
20. Pledging My Love
21. You're Gonna Make Me Cry
22. He Made a Woman for Man
23. Slow and Easy
24. I'm Going Home (To Live with God)

 2007年12月,P-VineレコードからO.V. 究極のセット物が出ました。『O.V BOX』といわれる5枚組CD。Back Beat時代の録音曲全曲。O.V. Wrightの歌声は不滅です。
(ディスク・ユニオンで買ったので来日時のインタビュー模様を収録したCD-Rが付録としてついていました)

 

















おまけ、インタビュー録音
O.V. WRIGHT O.V BOX (Japan 2007) P-Vine Back Beat and ABC  PCD-7303/07

Disc:1
1. Eight Men And Four Woman
2. Why Don't You Believe Me
3. Can't Find True Love
4. Don't Want To Sit Down
5. Everybody Knows
6. I Could Write A Book
7. Wish I Were That Boy
8. Bachlor's Blues
9. You're Gonna Make Me Cry
10. Monkey Dog
11. You're Been Crying
12. I Can't Believe
13. Motherless Child
14. If It's Only For Tonight


Disc:2
1. Blowing In The Wind
2. Gonna Forget About You
3. I Have None
4. You're So Good To Me
5. Why Not Give Me A Chance
6. Pledging My Love
7. This Hurt Is Real
8. I'll Hate Myself Tomorrow
9. I'll Take Care Of You
10. I Want Everyone To Know
11. Poor Boy
12. I'm In Your Corner
13. Gone For Good
14. How Long Baby


Disc:3
1. Don't Let My Baby Ride
2. Born All Over
3. Ace Of Spades
4. Eight Men,Four Women
5. He Made Woman For Man
6. I Can't Take It
7. Afflicted
8. When You Took Your Love From Me
9. A Nickel And A Nail
10. Don't Take It Away
11. Ace Of Spades(alt.take 1)
12. Ace Of Spades(alt.take 2)
13. Ace Of Spades(Melvin Carter)


Disc:4
1. I've Been Searching
2. Nothing Comes To A Sleeper
3. The Only Thing That Saved Me
4. He's My Son(Just The Same)
5. You Must Believe In Yourself
6. Lost In The Shuffle
7. I'd Rather Be Blind,Cripple,And Crazy
8. Please Forgive Me
9. Are You Going Where I'm Coming From
10. Ghetto Child
11. Memory Blues
12. I'm Going Home(To Live With God)


Disc:5
1. That's How Strong My Love Is(GOLDWAX106)1964
2. There Goes My Used To Be(GOLDWAX106)1964
3. Fed Up With The Blues(BACK BEAT580)1967
4. Treasured Moments(BACK BEAT583)1967
5. Heartaches,Heartaches,(BACK BEAT583)1967
6. What About You(BACK BEAT586)1967
7. What Did You Tell This Girl Of Mine(original take)(BACK BEAT586)1967
8. What Did You Tell This Girl Of Mine(alt.take)1967
9. Oh Baby Mine(BACK BEAT591)1968
10. Working Your Game(BACK BEAT591)1968
11. Missing You(BACK BEAT604)1969
12. Love The Way You Love(BACK BEAT611)1970
13. Drowing On Dry Land(BACK BEAT626)1972
14. What More Can I Do(BACK BEAT12119)1975
15. Henpecked Man(BACK BEAT12119)1975
16. Nobody But You(BACK BEAT12154)1975
17. Slow And Easy(12154)'75
18. Without You(Hi2315.1977)



【Johnny Adams】

 Johnny Adams(ジョニー・アダムス)というシンガー、わたしの中では「地味な歌手」というイメージなのですが・・・。
この「地味」というのは、「多くの作品を出しながら、ブラック・ミュージック好きの中でもあまり話題にならない」といった意味合いでです。
でも、好きな人はこっそり聴き入っている通好みのシンガーのひとりだと思います。

ジョニー・アダムスは1932年1月5日、ルイジアナ州ニューオーリンズで生まれ、O.V.ライト同様に若い頃はいくつかのゴスペルグループで歌っていたとのこと。そして1958年にRicレーベルからソロ・デビュー。以降1998年9月14日、前立腺ガンのためバトン・ルージュの病院で亡くなるまで地元ニューオーリンズを拠点に歌い続けた大物シンガーです。
 彼の特徴の一つとしてファルセット・ヴォイスの美しさをよくあげられていますが、美しいだけではなくかなりスクリームもしているので、ヘビーメタル系のロック・ナンバーでも難なくこなしてしまうでしょう。実際ジョニー・アダムスはブルース、カントリー、R&Bなど特にジャンルにこだわることなく歌っていたようです。

 彼はやはり「地味な」シンガーだと再認識したのは、初期はシングル盤中心の活動だったにも関わらず、シングル盤発売状況を知るのは、なかなかだった事です。
古い『Soul On』誌で読んだ事が有ったとの記憶を頼りに探しましたら、1977年7月号に記載されておりました。

 From "Soul On Vol.54 1977 July"
1958年 Ricで 12枚のシングル
  You Call Everything Darling / Knocked Out (RIC-957)
  I Won't Cry / Who You Are (RIC-961)
  Come On / Nowhere fo Go (RIC-963)
  A Losing Battle / Who's Gonna Love you (RIC-986)

1963年 Watchでシングル 2枚
    Release Me (Watch-1906)
1965年 Gone
1966年 Pace Maker
1967年 Modern
1968年 SSS Internationalで シングル7枚、アルバム1枚
   (SSS-809) I Won't Cry シングルのみの再録
   (SSS-831) Something Worth Leaving For シングルのみ
   (SSS-867) Kiss the Heart Away シングルのみ
1972年 Atlanticで 4枚のシングル
1976年 JB's
    Stair Way to Heaven / Baby I love You(JB's-1176)
・・・と1977年の時点でSoul On 誌でも、かなり不明な部分が多かったくらいでした。
 (Stair Way to Heaven は Stairway to Heaven の間違いか?)
上記以外に、実際は1964-65年にRonレーベルで2枚、Dynamicsレーベルで1枚のシングルを出していたようです。
 1964年 Lonely Drifter / I Want To Do Everything For You (RON 995)
 1965年 Comin' Around The Mountain / Cold Cold Heart (RON 996)
 1965年  I’m Grateful / Going To The City (Dynamics 1101)
また、RIC レーベルでは上記の他に
 1960年 The Bells Are Ringing / Teach Me To Forget (RIC-966)
 1960年 Let The Wind Blow / Someone For Me (Ric-971)
 1960年 You Can Make It If You Try / Closer To You (Ric-976)
 1961年 Wedding Day / Ooh So Nice (Ric-980)
 1961年 I Solemnly Promise /Life Is Just A Struggle (Ric-983)
 1962年 Showdown / Tra-La-La (Ric-992)
 1963年 Lonely Drifter / I Want To Do Everything For You (Ric-995)
 1963年 Cold Cold Heart / Coming Round The Mountain (Ric-996)
Watchでシングル2枚と表記されていましたが、調べたところに依ると現在の判明は4枚の様子
 1963年 I Believe I'll Find Happiness / I Brought It All On Myself (Watch 6330)
 1964年 Some Day / Part Of Me (Watch 6333)
 1967年 Got To Get Back To You / Time And Time Again (Watch 1903)
 1968年 Release Me /You Make A New Man Out Of Me (Watch 1906)
Gone でのシングルは
 1965年 I’m Grateful / Going To The City (GONE-5147)
そして、Pace Maker レーベルでは
 1965年 Spunky Onions / A Place Called Home (Pacemaker 249)
 1966年 When I'll Stop Loving You / (Sometimes)A Man Will Shed A Few Tears Too (Pacemaker 249)
 1966年 Operator / Let Them Talk (Pacemaker 255)
Modern レーベルのは
 1967年 No In Between / Don't Wait Too Long (Modern 1036)
また、Atlantic での4枚は下記の模様
 1971年 More Than One Way / You Got Your Kind Of Life To Lead (45-2834)
 1972年 Salt Of The Earth / I'll Carry You (45-2887) ←
このシングルは持っています
 1972年 I Wish It Would Rain / You're A Lady (45-2905)
 1972年 Whoever's Thrilling You [Mono] / Whoever's Thrilling You [Stereo] (45-2945)
そしてSSS International でのシングルは7枚ではなく、1977年までに9枚出ていました。
 1968年 Release Me / You Make A New Man Out Of Me (SSS 750)
 1969年 Reconsider Me / If I Could See You One More Time(SSS 770)
 1969年 I Can't Be All Bad / In A Moment Of Weakness (SSS 780)
 1970年 Georgia Morning Dew / Real Live Living Hurtin' Man (SSS-797)
 1970年 I Won't Cry / I Want To Walk Through This Life With You (SSS-809)
 1971年 Something Worth Leaving For / South Side Of Soul Street (SSS-831)
 1973年 Something Worth Leaving For / Kiss The Hurt Away (SSS-867)
 1974年 Born To Love You / You're A Bad Habit Baby (SSS-870)
 1974年 Just Call Me Darling / How Can I Prove I Love You (SSS-873)

[Soul On]誌Vol54発売後の1978年以降に発売されたシングル(45's)は調べたところ
Ariola America から
 1978年 After All The Good Is Gone / Chasing Rainbows (7701)
 1978年 正規発売成らずプロモのみで Selfish [Mono]/Selfish [Stereo] (7718)
Hep'Me から7枚
 1978年 Love Me Now / I Only Wanna Be With You (147)
 1979年 Spanish Harlem / Feel The Beat, Feel The Heat (132)
 1979年 After All The Good Is Gone / Chasing Rainbows (137)
 1981年 I Believe In You / It Only Rains On Me (160)
 1981年 I Live My Whole Life At Night / (There's) No Gettin' Over Me(162)
 1981年 The Lords Prayer / Silent Night (163)
 1982年 When I Need You / Sorry Don't Make It Right (175)
Paid レーベルから2枚
 1980年 Love Me Now / Only Want To Be With You (PAD 105)
 1981年 I'm Afraid To Let You Into My Life / Hell Yes I Cheated (PAD 117)
以上辺りですが、まだ有るかも知れません。
'90年代後半から10年〜15年程は「忘れ去れたアナログレコード」の時代でしたが、2010年前後から新譜アルバムがアナログ盤で出たりして、アナログ盤の音の再認識がポツポツと。海外でジョニー・アダムスの45's盤の再発がいくつか見られました。

 次にオリジナルの形で発売されたアルバムは、下記の15枚です
1969年 「Heart & Soul」 (SSS)
1976年 「Stand By Me」 (Chelsea)
1978年 「After All The Good Is Gone」 (Ariola)
1981年 「The Many Sides Of Johnny Adams」 (Hep'Me)
1982年 「Christmas In New Orleans With Johnny Adams」 (Hep'Me)
1983年 「The Sweet Country Voice Of Johnny Adams」 (Hep'Me)
1984年 「From The Heart」 (Rounder)
1986年 「After Dark」 (Rounder)
1988年 「Room With A View Of The Blues」 (Rounder)
1989年 「Walking On A Tighrope: The Songs Of Percy Mayfield」 (Rounder)
1991年 「The Real Me: John Adams Sings Doc Pomus」 (Rounder)
1993年 「Good Morning Heartache」 (Rounder)
1995年 「The Verdict」 (Rounder)
1996年 「One Foot In The Blues」 (Rounder)
1998年 「Man Of My Word」 (Rounder)
 最後の『Man Of My Word』は癌との闘病中に録音され、このアルバムがリリースされた一ヶ月後に病に倒れました。享年66歳という若さで・・・



 『Stand By Me』という大好きなR&Bナンバーをタイトルにしたセカンドアルバムが最初に買った彼のアルバムでした。このセカンドアルバムが出た後で雑誌【Soul On誌】でも前述の通り小さな特集が組まれ、購入のきっかけとなりました。タイトル曲は勿論ベン・E・キングのヒットで有名なあの曲です。ジョニーのヴァージョンはテンポアップしてジャンプしています。
 このアルバムでのわたしのベストトラックは"Nothing Takes The Place Of You"、Toussaint McCall(トゥーサン・マッコール)作、ゆったりした極々上のサザーン・ソウル・バラードです。次の"Share Your Love With Me"もこれまた良いです。
 
 次に買ったのが、ジョニー・アダムスのデビューアルバム『Heart & Soul』。デビューアルバムと言ってもRic、Watch、Ronなどの既発表シングル音源にSSS Internationalでのシングル曲を集めた物でした。
"SSS International"というレーベルはナッシュビルに拠点を置く会社で Shelby Singleton(サム・フィリップスのあの"Sun"レーベルを買収して、サン・エンタテイメント社を作った有名なプロデューサー)が立ち上げたレーベルで、ドリス・アレンやペギー・スコット等もレコーディングしていました。。現在 SSS International はサン・エンタテイメント社の子会社化に成っているようです。
ナッシュビルの会社らしくソウル・ミュージックでもカントリー色が強くわたしの好みタップリです。
ここでは淡々と歌う"Release Me"がシングルヒットしていますが、歌唱的には他の曲の方が彼の凄さを感じます。
一曲目"Georgia Morning Dew"からカントリーの雰囲気タップリのサザーン・ソウル・バラード、全曲好きです。

 三枚目のアルバム『AFTER ALL THE GOOD IS GONE』は日本国内でも発売されました。邦題が付けられていまして『遙かニューオリンズから』といった映画タイトルの様な物。
 解説は勿論桜井ユタカ氏でここではRicの全シングルをレコード番号入りで紹介されていました。
内容はカントリー調の"After All The Good Is Gone"、"(I Can't Believe) She Gives It All To Me"、"The Image Of Me"等は勿論好きですが、シフォンズのヒット曲"One Fine Day"をスロー・バラードにアレンジしたヴァージョンは凄いです、さすがです。またミディアムナンバーの"It's Been So Long"、アップテンポの"Chasing Rainbows"のファンキーさもなかなかです。


Heart & Soul
HEART & SOUL 1969 SSS International SSS #5 (LP)
 
A
1. Georgia Morning Dew
2. In A Moment Of Weakness
3. Real Live Living Hurtin' Man
4. Lonely Man
5. I Won't Cry
6. Release Me
B
7. Proud Woman
8. I Can't Be All Bad
9. Losing Battle
10. Living On Your Love
11. Reconsider Me

Stand By Me
STAND BY ME(USA 1976) CHELSEA CHL-525 (LP)
 
A
1. Stand By Me
2. Your Love Is All I Need
3. Baby, Baby I Love You
4. Nothing Takes The Place Of You
5. Share Your Love With Me
B
1. I'll Never Fall In Love Again
2. Who Will The Next Fool Be?
3. I Don't Wanna Cry
4. Give Me A Chance
5. Don't Let The Green Grass Fool You

After All The Good Is Gone
AFTER ALL THE GOOD IS GONE (Japan 1978) Victor / Ariola VIP-6562(LP)
 
A
1. After All The Good Is Gone
2. Somewhere
3. Selfish
4. She's Only A Baby Herself
5. Chasing Rainbows
B
1. (I Can't Believe) She Gives It All To Me
2. The Image Of Me
3. Stay With Me And Stay In Love
4. One Fine Day
5. It's Been So Long

 日本発売作2枚目となるアルバムはHEP'MEなるレーベルから出た『The Many Sides Of Johnny Adams』というアルバムが原型です。HEP'MEというレーベルはニュー・オーリンズでいくつかのレコードプロデュースをしており、ジョニーの前のアルバムでもプロデュースしていたセネター・ジョーンズの自前レーベルで、ジョニー・アダムス以外にも(有名どころでは)ボビー・パウエルがいます。ジョージ・ジャクソンもシングルを1枚出していました。この通算4作目のアバム日本盤はP-Vineスペシャルが出したのですが、タイトルもジャケット・カバーも変えて出されました。日本盤のアルバムタイトルは『Old Flames』。実はこのタイトルに成った曲のみオリジナルアルバムに未収録の曲。日本盤だけに追加された曲なのですが、楽権所有はHEP'MEでは無いらしいとのことです。バッキング・ヴォーカルのクレジットにボビー・パウエルの名が記されいます。
 このアルバムには凄く好きな曲が2曲有ります。一曲目はA面2曲目(オリジナルの場合はトップ曲)。" I'm Afraid To Let You Into My Life"、'77年にFreddie Watersがヒットさせたサザーン・ソウル・バラードの傑作。作者はBob (Robert) Holmes and Ted Jarrett にプラスしてFreddie Watersの名もクレジットされています。ジョニー・アダムスの歌唱も良いですね。A面の曲は他のもユッタリ系ではありますが心地よいソウル・バラードが並んでいます。そしてもう一曲は、ソウル系ではないですがカントリー・バラードの聴き物B-2,"Hell Yes I Cheated"。
カントリーシンガーのLarry Lee Cheshier が Glen Sutton と共作した名曲です。

 そしてHEP'MEでの2枚目がタイトルからしてカントリーの文字。『THE SWEET COUNTRY VOICE OF JOHNNY ADAMS』。ジョニー・アダムスのカントリーソング集です。
 裏ジャケットにRobert Graceという人がコメントを載せています。[なぜ、ジョニーはカントリー・ミュージックを歌うのでしょうか? 別にいいんじゃない!! 彼の器用で、多才な才能を音楽の1つのスタイルだけに限定することは、ばかげた事でしょう。]といった意味ですが、このRobert Grace という人物、前作『AFTER ALL THE GOOD IS GONE』のスタッフにレコーディング・エンジニアに名を記していたRobert C. Graceという人だと思います。アラン・トゥーサンのレコードにも関わっている様です。彼がジョニー・アダムスの多才さに惹かれて作ったアルバムだとわたしは推測しましたが、まず間違いないでしょう。
 内容は勿論カントリー一色ですが、わたしはB面の方が好きです。ダニー・オキーフ(Danny O'Keefe)
1972年のヒット"グッド・タイム・チャーリー"から始まりプレスリーの"ラブ・ミー・テンダー"まで続く流れが良いです。
("Goodtime Charlie's Got The Blues"は好きな曲なのです。)途中、黒人のカントリー・シンガー、チャーリー・プライド(Charley Pride),'72年のカントリーチャートNo1ヒット"She's Too Good To Be True"を挟んでいます。

 そして、亡くなるまで契約していたRounderへの移籍となります。
 一般的に彼の紹介記事を見ると「ジョニー・アダムスが有名になったのはRounderレコードに移籍してから」という言葉をかなり目にします。まるでデビューから25年近くも無名の歌手だった様な紹介記事ですね。
 Rounderはブルーズやカントリー、フォーク系の音楽から始まりやがてにあらゆるジャンルの作品をリリースするレーベルに成っていきました。

 彼の4枚目となるアルバム『FROM THE HEART』も既にSoul Music Onlyの域を脱しています。1曲目"I Felt Like Breaking up Somebody's Home"は素晴らしいソウル・ナンバーながら2曲目"Why Do I"はモロにジャズナンバーです(ほんと彼はジャズナンバーも上手いです)。5曲目"Scarred Knees"は完全なBlues!
"Laughin' and Clownin'"はサム・クック作のブルーズ寄りの曲、オーティス・ラッシュも奏っていました。
"If I Ever Had a Good Thing"はトニー・ジョー・ホワイトの曲ながら、間奏にジャズ雰囲気を持ったミディアムソウルナンバーに仕上げ、歌い方はカントリー調でも有ります。良いです!こういうの好きですね。
 B面では7分を越える"Your Love Is So Doggone Good"は聴き応えあるソウルナンバー、"We Don't See Eye to Eye"はパーシー・メイフィールド作のジャズナンバー,"Roadblock"はジャンプブルース、どれも良いです。
Rounder移籍後はスコット・ビリントン(Scott Billington)のプロデュース作が続きます。
 
 Rounderでの2枚目『AFTER DARK』もトップは素晴らしいソウル・ナンバーから始まります。"Lovers Will",ユッタリとしたミディアム調で最もジョニーの良さが出るタイプです。
 2曲目、3曲目Blues、そしてそのうちの一曲"Fortune Teller"はジョニー・アダムスの自作曲です。
4曲目"Missing You"は自作曲を多く発表しているサザーン・ソウル系シンガーPaul Kellyの曲。そしてA面ラスト、南部のソウル・ミュージックを聴いていると必ず出てくるソングライター、ダン・ペン作の曲。B面2曲目も"Lovers Will"の作者John Hiattが自身のアルバム"Warming Up to the Ice Age"で発表した曲"She Said the Same Things to Me"。ユッタリとしたミディアム調で好きなタイプの曲です。
 次の"Garbage Man"はBluesですがギターをジョニー・アダムスが弾いているようです(クレジット有り)、そして"Snap Your Fingers"はノスタルジックな雰囲気のジャズナンバー、ここでは口でトロンボーンの音を奏でる「マウス・トロンボーン」を披露しています。ホント多才な人です。

また、この時期スコット・ビリントンのプロデュースしたジャズ・サキソフォニストAlvin "Red" Tyler のアルバム『Heritage』で一曲歌っています。アルヴィン・タイラーはジョニーの『From The Heart』、『After Dark』等でサックスを吹いているジャズマンです。


 Old Frame OLD FLAMES (Japan 1984、Original-1981) P-Vine PLP-732 (LP)
(Original Title : The Many Sides Of Johnny Adams)

A
1. Old Flames
2. I'm Afraid To Let You Into My Life
3. I Believe In You
4. It's Got To Be Something
5. It Only Rains On Me
B
1. Night People
2. Hell Yes I Cheated
3. Memories
4. Put It Off Till Tomorrow

 THE SWEET COUNTRY VOICE OF JOHNNY ADAMS THE SWEET COUNTRY VOICE OF JOHNNY ADAMS
(USA 1983) Hep'Me LP-160 (LP)

A
1. Am I That Easy To Forget
2. Cry, Cry Darling
3. Heaven's Just A Sin Away
4. Sorry You Don't Always Make It Right
5. When I Need You
B
1. Goodtime Charlie's Got The Blues
2. Pass Me By
3. She's Too Good To Be True
4. Lovin' You Could Never Be Better
5. Love Me Tender


 From The Heart FROM THE HEART (USA 1984) Rounder 2044 (LP)

A
1. I Felt Like Breaking up Somebody's Home
2. Why Do I
3. Laughin' and Clownin'
4. If I Ever Had a Good Thing
5. Scarred Knees
B
1. From the Heart
2. Your Love Is So Doggone Good
3. We Don't See Eye to Eye
4. Roadblock
5. Teach Me to Forget

 After Dark AFTER DARK (UK 1986) Rounder Europa REU-1008 (LP)

A
1 Lovers Will
2 I Don't Know You
3 Fortune Teller
4 Missing You
5 Do Right Woman, Do Right Man
B
1 Give a Broken Heart a Break
2 She Said the Same Things to Me
3 Garbage Man
4 Dancing Man
5 Snap Your Fingers

 Heritage HERITAGE (USA 1985) Rounder 2047 (LP)
As Alvin "Red" Tyler With Johhny Adams and Germaine Bazzle

A-3 I'll Only Miss Her When I Think of Her


 Rouderでの3枚目は『ROOM WITH A VIEW OF THE BLUES』。タイトル・ナンバー、ローウェル・フルスン作のブルーズ"Room With a View"から始まるこのアルバムは10曲中8曲がブルーズ、もしくはブルーズ調で占められておりジョニーがカントリーと同様ブルーズも好きだったことが充分に伺えます。ブルーズ曲の中では一曲目と五曲目"How Wrong Can a Good Man Be"が好きです。"Neither One of Us"はこの時代に沿ったモダーン・ソウルで"Wish I'd Never Loved You at All"がここでは唯一のサザーン・ソウル臭さドップリ曲です。良いアルバムです。
ちなみにこの盤は時代的にCDとLP両発売時期でLP仕様では9曲組だったようです。

 Rouderから発売された『MODERN NEW ORLEANS MASTERS』というコンピレーションにAlvin Tylerのアルバム『Heritag』で歌った"I'll Only Miss Her When I Think of Her"がCD化として組まれていましたが、クレジットが「Johnny Adams with Alvin "Red" Tyler」に成っていました。Alvin Tylerのアルバムでは「Alvin "Red" Tyler with Johnny Adams」でした。このアルバムにはRouderレーベルのレコーディングで渋いブルーズギターを弾いていたギターリストWalter "Wolfman" Washington名義の曲が入っているのですがヴォーカルも彼がとっています。

 『WALKING ON A TIGHTROPE 』は前作とはうってかわって半分ほどがジャズ色の強いアレンジになっています。サブ・タイトルがThe Songs of Percy Mayfieldと成っていますのでブルーズ色が強いと思いきやバック、唱法共にジャズっぽく感じます。もともとウエストコースト派のブルーズ・マンはジャズっぽいブルーズを聴かせる人も多く(T-ボーン・ウォーカー等は最たる人)ジャズ発祥の地とまで言われるニュー・オーリンズ拠点のRouderでは何の不思議は無いでしょう。これらの中では"My Heart Is Hangin' Heavy"が一番好きな曲です。ただこの曲のみがアーバン・ブルースに近いアレンジでした。

 '91年のCD『I WON'T CRY』は昔のヒット曲をタイトルにした編集物アルバム。Ronと Ricで発売されたシングル曲のいくつかを収録しています(全曲ではありません)。三連タイプの曲が多い中で初めて聴いた"I Want to Do Everything for You"が群を抜いて良かったです。

 パーシー・メイフィールド・ソング集の後がドク・ポーマス・ソング集『THE REAL ME』。今までにもジョニー・アダムスはドクの曲を数曲録音していましたがCD一枚分まとめての録音です。ドク・ポーマスはソングライティングといっても主に作詞主体でメロディーの方はモルト・シューマン他の人たちとの共作主体でした。ここでもScott Billingtonと共同プロデュースをしたMac Rebennackとの共作が11曲中7曲あります。
全体的に黒っぽさは薄くポピューラーな出来上がりでした。

 1993年の『GOOD MORNING HEARTACHE』はジャズのスタンダード曲が多くジャズ色の強い作品。一曲目から凄いヴォーカル。邦題を『恋を知らないあなた』と付けられたジャズ・スタンダード。タイトル・ソングはアイリーン・ヒゲンボッサムがビリー・ホリディに送った曲でビリー・ホリディの代表曲。わたしがモダン・ジャズを聴き始めた頃、ジャズ・ヴォーカルのジャンルでで最初に聴き始めたのがビリー・ホリディでした。ここでの選曲でもタイトル曲以外にも"But Not For Me","You Don't Know What Love Is","I Hadn't Anyone Till You"などビリーが歌った曲をジョニーもジョニーの解釈で歌っています。"I Hadn't Anyone Till You"が良いですね。
ここで一番、ソウル・ミュージック寄りの曲は"The Jealous Kind"、南部のシンガー・ソング・ライター、ボビーチャールズの曲です。

 ジョニー・アダムスのレコード・CDを揃ってくると、やはり抜けているタイトルが気になり出して、度々聴き返すことはないクリスマスアルバムのCD化盤を買いました。(クリスマス・アルバムはそんなに聴かないのに、ホントいろいろな人たちのアルバムを沢山買っています。)HEP'ME時代で唯一持っていなかったアルバムの再発物と言うことになります。

 Room With A View Of The Blues ROOM WITH A VIEW OF THE BLUES (USA 1987) Rouder CD2059 (CD)

1. Room With a View
2. I Don't Want to Do Wrong
3. Not Trustworthy (A Lyin' Woman)
4. Neither One of Us (Wants to Be the First...)
5. How Wrong Can a Good Man Be
6. Body and Fender Man
7. I Owe You
8. Wish I'd Never Loved You at All
9. The Hunt Is On
10. World I Never Made

 Modern New Orleans Masters MODERN NEW ORLEANS MASTERS
(Canada 1988) Rouder CD-11514 (CD)

7. I'll Only Miss Her When I Think of Her
   (Johnny Adams with Alvin "Red" Tyler)
11. Not Trust worthy
13. From the Heart

 Walking On A Tightrope WALKING ON A TIGHTROPE / The Songs of Percy Mayfield
(Geramany 1989) Zensor/Rounder ZS-89 (CD)

1. Walking on a Tightrope
2. Lost Mind
3. Stand By
4. My Heart Is Hangin' Heavy
5. Danger Zone
6. Never No More
7. The Lover and the Married Woman
8. You're in For a Big Surprise
9. Look the Whole World Over
10. Baby Please

I Won't Cry
I WON'T CRY :From The Vaults Of Ric & Ron Records
(USA 1991) Rouder CD-2083 (CD)

1. (Oh Why) I Won't Cry
2. Life Is a Struggle
3. Losing Battle
4. Nowhere to Go
5. Oh, So Nice
6. I Want to Do Everything for You
7. You Can Make It If You Try
8. Teach Me to Forget
9. Let the Winds Blow
10. I Solemnly Promise
11. Who Are You
12. Come On
13. Someone for Me
14. Lonely Drifter


The Real Me: Johnny Adams Sings Doc Pomus
THE REAL ME: JOHNNY ADAMS SINGS DOC POMUS
 (USA 1991) Rouder CD-2109 (CD)

1. Imitation of Love
2. Still in Love
3. There Is Always One More Time
4. My Baby's Quit Me
5. She's Everything to Me
6. I Underestimated You
7. Blinded by Love
8. Prisoner of Life
9. Night Is a Hunter, The
10. No One
11. Real Me

Good Morning Heartache
GOOD MORNING HEARTACHE (USA 1993) Rouder CD-2125 (CD)

1. You Don't Know What Love Is
2. I Just Found Out About Love
3. Don't Go To Strangers
4. The Jealous Kind
5. I Hadn't Anyone Till You
6. Come Rain Or Come Shine
7. Teach Me Tonight
8. Good Morning Heartache
9. Back To Normal
10. But Not For Me

<span class="a-size-large" id="productTitle">Christmas With Johnny Adams<br>
CHRISTMAS WITH JOHNNY ADAMS (USA 1993-original 1988)
Ace/HEP'ME ACE-2046 (CD)
(Original Title : Christmas In New Orleans With Johnny Adams)

1. Silent Night
2. O Little Town of Bethlehem
3. Lord's Prayer
4. Silver Bells
5. Christmas Song
6. Little Boy That Santa Forgot
7. This Christmas
8. Lonesome Christmas
9. Bells of St. Mary's
10. White Christmas
11. Please Come Home for Christmas

 '95年発表の『THE VERDICT』はジャズ・テイスト主体のアルバムです。1曲目、2曲目とスローでじっくりと歌い上げた曲。3曲目"City Lights"でガラッと変わりアップテンポのモダーン・ソウル仕上げ、良いですね。4曲目、5曲目、8曲目は印象薄な感じ。
"I Cover the Waterfront"、"Love For Sale"、"Willow Weep For Me"といった多くのジャズ・シンガーが歌ったスタンダードはどれもなかなかの出来ですが、"I Cover the Waterfront"が最も印象深いです。

 翌年発表の『ONE FOOT IN THE BLUES』はタイトルからしてBluesと付いているように全体的にブルーズ色が強いです(ジャズ風は3曲目、4曲目、6曲目、8曲目)。2曲目のタイトルソング"One Foot in the Blues"はダン・ペンの作品。ダン・ペンの作品でもソウル・、R&B風に成らずブルーズ仕上げです。最も印象に残ったのはサックスが軽快になるジャンプ・ブルーズの"Half Awoke"でした。アルバム全体として平均的な出来でしょう。
 
 1966年、Oldies.comが販売しているCollectablesレーベルでの編集物の一つとして発売されたジョニーのアルバム『RECONSIDER ME』は60年代〜70年代(Rouder以前)のジョニーのシングル曲でアルバム未収録曲がぎっしりと詰まった素晴らしいコンピレーション盤です。ノビのあるハイトーンで歌うソウル・シンガー、ジョニー・アダムス節ドップリです。
 "You Can Depend On Me","The Tender Side Of Me","Too Much Pride","Real Live Hurtin' Man","I Don't Worry Myself","You Made A New Man Out Of Me"・・・知らなかった曲たちです。

The Verdict
THE VERDICT (USA 1995) Rouder CD-2135 (CD)

1. Blue Gardenia
2. The Verdict
3. City Lights
4. Dreams Must Be Going Out of Style
5. Down That Lonely Lonely Road
6. I Cover the Waterfront
7. Love For Sale
8. You Always Knew Me Better
9. A Lot of Living to Do
10. Willow Weep For Me
11. Come Home to Love
12. D Jam Blues


One Foot In The Blues
ONE FOOT IN THE BLUES (USA 1996) Rouder CD-2144 (CD)

1. Won't Pass Me By
2. One Foot in the Blues
3. Baby Don't You Cry
4. Ill Wind
5. Roadblock
6. Angel Eyes
7. Half Awoke
8. I Wonder Where Our Love Has Gone
9. Two Years of Torture
10. Cookin' in Style
11. I Know What I've Got


RECONSIDER ME
RECONSIDER ME (USA 1996) Collectables COL-5741 (CD)

1. Reconsider Me
2. You Can Depend On Me
3. Kiss The Hurt Away
4. I Won't Cry
5. Proud Woman
6. The Tender Side Of Me
7. Release Me
8. Too Much Pride
9. Real Live Hurtin' Man
10. If I Could See You One More Time
11. I Can't Be All Bad
12. In A Moment Of Weakness
13. I Don't Worry Myself
14. You Made A New Man Out Of Me
15. Down By The River
16. Lonely Man
17. I Have No One
18. A Losing Battle

 1997年、ジョニーは前立腺がんを患っていることが発覚、その闘病中に録音され、彼の遺作となったのが『MAN OF MY WORD』、1998年発表作。 
 このアルバムは凄い!素晴らしい!熱唱だらけ、感動的です。楽曲のジャンルをわたしの感覚的に分けてみるとソウル・ミュージック系が"It Ain't the Same Thing"、"Going Out of My Mind Sale"、"Now You Know"、"Up and Down World"、"You Don't Miss Your Water"、"It Tears Me Up"、"Looking Back"、ブルーズ系が"This Time I'm Gone For Good"、"Man of My Word"、"Bulldog Breaks His Chain"、スワンプ・ロック系" I Don't Want to Know"、ジャズ系"Even Now",ゴスペル"Never Alone"あたりでしょうか?
 Rouderでの一枚目にも似た様々なジャンルに向かいそのどれもが「未来への希望に溢れていた」ような息吹が感じられます。特にソウル系はホント惜しい、もっともっと聴きたい・・・
 "This Time I'm Gone For Good"はボビー・ブランドがDunhilに残したBluesですがこれも凄い。Rouderでジョニーのアルバムにずっと付き合っていたギターリスト、Walter "Wolf" Washingtonがこれまた聴き応えあるソロを披露しています。
 この素晴らしいアルバムが遺作だなんて悲しいです。

Man of My Word
MAN OF MY WORD (USA 1998) Rouder CD-2155 (CD)

1. Even Now
2. It Ain't the Same Thing
3. This Time I'm Gone For Good
4. Going Out of My Mind Sale
5. Now You Know
6. Up and Down World
7. I Don't Want to Know
8. Man of My Word
9. You Don't Miss Your Water
10. Bulldog Breaks His Chain
11. It Tears Me Up
12. Looking Back
13. Never Alone

 21世紀に入ってからのアルバムは編集物が中心です。
 『RELEASED: A MEMORIAL ALBUM』この編集物もRouder契約以前のシングル中心だった頃の音源集ですが、JB'S、PAIDといった持っていた盤に今まで収録されなかったレーベルの音源が含まれていました。"Stairway To Heaven","Love Me Now "などなど。強烈な名唱集です。
ジョニー・アダムスもO.V.ライトのようにいずれ、シングルのコンプリート集が出るのでしょうか?知名度の点でO.V.より劣るので無理かも知れないです。

 2004年、何故かスペインのディスコ・ミュージック主体レーベルから彼の初アルバムSSS International での『HEART & SOUL』全曲にシングル発売のみの曲を6曲追加してCDが出ました。これは出たお国柄からしても実に嬉しかったです。

 『THE GREAT JOHNNY ADAMS R&B ALBUM』はRouderでの録音からソウル、R&B系のもの既発曲11曲に未発表曲1曲を加えた編集盤。未発表曲はトップの"I Need a Lot of Loving"、スプーナー・オールダムとダン・ペンの作品でドクター・ジョンがピアノで参加。'60年代風のR&Bナンバー、この曲はダン・ペンが若い日に録音した"The Fame Recordings"という作品集に入っていました。

2009年の編集盤『THE GREAT JOHNNY ADAMS JAZZ ALBUM』はR&B集に次ぐジャンル別の選曲集で同じくRouderでのアルバムからの既発曲10曲、未発表曲は有りませんでした。

 2014年に発売されたコンピレーションCDにジョニー・アダムスがRICレーベルにて発表したシングル曲で多分CD化されていなかったRic-996番の"Cold Cold Heart"が『COLD COLD HEART: WHERE COUNTRY MEETS SOUL VOL 3』に収録されていました。他はパーシー・スレッジやソロモン・バークなどの曲が収録されています。曲目はこちらに記しています。

 2015年に成って、凄いコンピレーション物が出ました。いつかはシングル盤の寄せ集め集が出るかも知れないと上の方で書いていたら本当に出ちゃいましたぁ! 『THE COMPLETE RIC & RON SINGLES 1959-1964』。1959年から1964年までに Ric (及び Ron盤) で発売された曲集です。
これはホントに有難い編集物でした。


RELEASED: A MEMORIAL ALBUM
RELEASED: A MEMORIAL ALBUM
(UK 2001) RPM RPMSH-219 (CD)

1. Releaseme
2. You Made A New Man Out Of Me
3. In A Moment Of Weakness
4. I Won't Cry
5. I Want To Walk Through This Life With You
6. Reconsider Me
7. If I Could See You One More Time
8. South Side Of Soul Street
9. Georgia Morning Dew
10. Real Live Livin' Hurtin' Man
11. Lonely Man
12. Proud Woman
13. A Losing Battle
14. How Can I Prove I Love You
15. You Can Depend On Me
16. Let Me Be By Myself
17. It's Got To Be Something
18. Share Your Love With Me
19. Your Love Is All I Need
20. Stairway To Heaven
21. After All The Good Is Gone
22. Chasing Rainbows
23. Love Me Now
24. Hell Yes I Cheated

THE GREAT JOHNNY ADAMS R&B ALBUM
HEART & SOUL (ESP 2004) Vampisoul VAMPI CD 054 (CD)
 
1. Georgia Morning Dew
2. In A Moment Of Weakness
3. Real Live Living Hurtin' Man
4. Lonely Man
5. I Won't Cry
6. Release Me
7. Proud Woman
8. I Can't Be All Bad
9. Losing Battle
10. Living On Your Love
11. Reconsider Me
bonus tracks
12. You Made A New Man Out Of Me
13. I Want To Walk Through This Life With You
14. If I Could See You One More Time
15. South Side Of Soul Street
16. Too Much Pride
17. I Don't Worry Myself

THE GREAT JOHNNY ADAMS R&B ALBUM
THE GREAT JOHNNY ADAMS R&B ALBUM
(USA 2006) Rouder CD-2183 (CD)
 
1.I Need a Lot of Loving
2.From the Heart
3.You Don't Miss Your Water
4.She Said the Same Things to Me
5.I Feel Like Breaking Up Sombody's Home
6.She's Everything to Me
7.Neither One of Us (Wants to Be the First to Say Goodbye)
8.Going Out of My Mind Sale
9.Jealous Kind
10. If I Ever Had a Good Thing
11.Won't Pass Me By
12.Still in Love

The Great Johnny Adams Jazz Album THE GREAT JOHNNY ADAMS JAZZ ALBUM
(EU 2009) Rouder 612-1842 (CD)

1. Come Rain Or Shine
2. Love For Sale
3. Angel Eyes
4. Why Do I
5. Ill Wind
6. Good Morning Heartache
7. Blue Gardenia
8. I Hadn't Anyone 'Til You
10. Cookin' In Style

COLD COLD HEART: WHERE COUNTRY MEETS SOUL VOL 3 COLD COLD HEART: WHERE COUNTRY MEETS SOUL VOL 3
(EU Kent/Ace 2014) CDKENT-422 (CD)

15. Cold Cold Heart / Johnny Adams

The Complete RIC and Ron Singles I WON'T CRY - THE COMPLETE RIC & RON SINGLES 1959-1964
(UK Ace 2015) CDCHD-1424 (CD)

1. I Won't Cry
2. Who You Are
3. Come On
4. Nowhere To Go
5. The Bells Are Ringing
6. Teach Me To Forget
7. Someone For Me
8. Let The Wind Blow
9. You Can Make It If You Try
10 Closer To You
11. Wedding Day
12. Ooh So Nice
13. Life Is Just A Struggle
14. Solemnly Promise
15. A Losing Battle
16. Who's Gonna Love You
17. Showdown
18. Tra-La-La
19. Lonely Drifter
20. I Want To Do Everything For You
21. Comin' Around The Mountain
22. Cold Cold Heart
23. No Way Out For Me
24. Walking The Floor Over You


BACK