BON JOVI

DISCOGRAPHY FROM MY COLLECTION

 BON JOVI 、革ジャン、リーゼント、チェーン・・・といったイメージで繋がる ロックンローラーじゃなくデニムのGジャンがとても似合いそうな根っからのアメリカンロックバンド。 私にとってはアメリカが生んだ最高のアメリカンバンドに位置しています。
アメリカという国で生まれた音楽は世界に広がり、世界一の音楽産地、音楽マーケットであるにも関わらず Jazz,Blues,R&B などアメリカの黒人達が生活の中から生み出した音楽を除き、ロックという分野では60年代後半〜70年以降、常にヨーロッパ(特にイギリス)からのフィードバック状態で発達してきた感を受けてしまいます。 その中でも西海岸の広大な海をバックに土地柄が生んだ ウエストコーストロックにはまだまだアメリカ独特の香りを持ったバンドが数多く存在していましたが、こと黒人の多いイーストコースト地帯ではロックミユージシャンは 一部マニア間だけで聴かれる存在が多数でした。 ニューヨークで生まれたパンクミュージックであっても世界に広まったのはロンドンのパンクパンドからだったと思います。 私の好きな女性ロッカー・Suzi Quatro もデトロイトから飛び出し単身イギリスへ渡ったからこそ世界中にファンを持てたのでしょう・・・


 そんな中、1983年にニュージャージー育ちの5人が作ったバンドが世界を制覇したのは彼らの魅力がどんなに飛び抜けて居るかの証明にもなるでしょうね。 サラブレッド・レースの世界で言えば、G2では勝ててもG1には勝てない馬を尻目に常にG1レースで勝利を 収める素質馬でしょうか? '80年代に次から次へと生まれたアメリカンバンドに物足りなさを感じていたときに出会った、彼等は何か違う物を持っているバンドのような気がしました。
メンバーはスタート時、Jon Bon Jovi (vo),Richie Sambora (gtr),David Rashbaum(David Bryan) (kyb),Alec John Such (bas), Tico Torres (ds) で、結成後一年でレコードデビューしています。 彼らのファーストのジャケットデザインから受けた最初のイメージは「どう見ても 二流・三流バンド・・・」でした。未だに思っています、「この臭いジャケットはなに!」とセカンドのジャケットの良さに比べたらうんでんの差!です。


 ファースト『Bon Jovi』は1984年に発売されていますが、最初のシングル発売曲"Runnaway(邦題:夜明けのランナウェイ)"の録音は'82年頃に録音されていたらしいです。最初は現リーダーのジョン・ボン・ジョヴィをシンガーとして売り出すために、ソロヴォーカル用として録音されたとのこと。その後彼のバック・バンドとしてメンバーを決めていく内にバンドとしてデビューすることが決定されたとのことでした。
依って"夜明けのランナウェイ"だけは正規メンバーではなくセッションミュージシャンがバックを務めています。このシングル曲 "Runnaway" は米ビルボード・チャートで39位まであがる中ヒットに成りましたが、アルバム自体はそこまで話題に成りませんでした。日本ではシングル・アルバム両方ともかなり話題になり一気に注目を集めました。後にこのシングルは麻倉未稀さんにより日本語カバーヴァージョンまで出ました。
ちなみに1982年〜1987年頃までは世界中でアナログ盤からコンパクト・ディスク盤への移り変わりの時期で国によっては二種同時発売が続いていました。Bon Joviの場合も初期アルバムは同時発売、シングルはアナログ盤主体という販売形態でした。曲的には"Burning for Love","Roulette"辺りがタイトル・チューンの次に良くてデビュー・アルバムとしては充分の水準でしょう。


続いて発売されたセカンド『』は前作と比べものに成らないほどジャケットデザインはカッコイイものと成りましたが、内容は前作を超えるほどには至りませんでした。2曲目"Price of Love" は良いです。裏ジャケ写真は当時のグラム・メタル(日本ではLAメタル)ロッカー達の雰囲気をかもし出しています。


 そして、いよいよ『SLIPPERY WHEN WET(邦題:ワイルド・イン・ザ・ストリーツ)』の発売。このアルバムから "You Give Love a Bad Name","Livin' on a Prayer"がBB誌シングルチャート1位、"Wanted Dead or Alive"が7位"Never Say Goodbye"28位と86年〜87年の全米チャートを賑わした曲が詰まっています。勿論アルバム自体も1位。
ポップ・チャートを駆け上がったからロックでは無いと言う人はそう居ないと思いますが、このアルバムはボン・ジョヴィの代表作であるばかりでなく'80年代ロックの最重要作のひとつでしょう。アルバム・カバーが日米で違いますが、最初は日本盤用がオリジナルでしたがアメリカでは過激すぎるとかの理由で米盤発売前に差し替えられたそうです。日本盤はそのまま発売されました。(日本盤のは海を連想しカリフォルニアのバンド作に思えてしまいますね)


 そして4作目『NEW JERSEY』こちらも引き続きトップ1獲得アルバム。"Bad Medicine","I'll Be There for You" がシングルカットで1位。"Born to Be My Baby"が3位,"Lay Your Hands on Me"7位、"Living in Sin"9位と快進撃は相変わらず続いています。この中では"Born to Be My Baby"が一番好きです。ただ、後半にも佳曲が多いです。伸びのあるヴォーカルやコーラスが新しい雰囲気の"Blood on Blood",ハード系では無いですが如何にもアメリカンバンドらしい南部の香りもする"Stick to Your Guns",ソウルフルな熱唱ソング"I'll be There for You"(この曲は好きですねぇ)
このアルバムも素晴らしい出来です。


 『NEW JERSEY』発表後のツアーが長くハードだった為に全員が疲れ切って意欲を無くしたとか仲が悪くなったとかの噂も出る中、'90年にジョン・ボン・ジョヴィはソロ作『Blaze Of Glory:Young Guns II』をサウンド・トラックの形で発売、(このページ下部の方にジャケットを掲載) ゲストでジェフ・ベックやリトル・リチャードを迎えて録音、シングル"Blaze of Glory"も全米1に成りました。こうして解散説も出た中、実にBon Joviとして5年ぶりに出されたアルバムが『KEEP THE FAITH』。Bon JoviをHR/HMバンドに分類したり、産業ロックの旗手のような表現をしたりする人達とは違う世界で進化し続けて居ました。"Bed of Roses" などを聴くと彼等はやはりアメリカン・バンド!カントリー・ミュージックをルーツにジョンの熱唱が熱く伝わってきます。シングルは10位まで上がりました。シンガーとしてのジョンも魅力的です。この曲、大好きです。"Dry County" もジョンのヴォーカルが生きています、これも良い曲ですね。タイトル・チューン"Keep the Faith"はねちっこいヴォかるが印象的、"In These Arms"はこれまたアメリカの香りがする佳曲です。"Blame It on the Love of ROCK & ROLL"はローリング・ストーンズっぽいですね。 アルバム自体は前作・前々作ほど売れませんでしたが、内容はこれまた素晴らしい出来です。


 '94年に出た『CROSS ROAD』は初のベストアルバムです。既発曲ばかりの中にジョンのソロとしてシングル発売された"Blaze of Glory"がボン・ジョヴィのアルバム収録曲として入れられました。 地味なカバージャケながら売り上げは好調だったようです。

そして『THESE DAYS』。もう聴き応えたっぷりの曲が満載(特に前半)で、殆どの曲はジョンとリッチー・サンボラの共作ですが曲作りの才能が最も開花していた時期だったのでしょう。"Something For The Pain"、"This Ain't A Love Song"、"These Days"あたりはもう最高です。"Damned"は久しぶりのハード・アンド・ヘヴィなナンバーです。"BITTER WINE"は南部の空気が漂う渋い曲です。後半は特出曲が少ないですが質は高く地味ながら秀作だと思います。
BON JOVI BON JOVI (1984)
JAPAN-Mercury 28PD-522

1.RUNAWAY 
2.ROULETTE
3.SHE DON'T KNOW ME
4.SHOT THROUGH THE HEART
5.LOVE LIES
6.BREAKOUT
7.BURNING FOR LOVE
8.COME BACK
9.GET READY
7800 FAHRENHEIT (1985)
JAPAN-Mercury 28PD-521

1.IN AND OUT OF LOVE
2.PRICE OF LOVE
3.ONLY LONELY
4.KING OF THE MOUNTAIN
5.SILENT NIGHT
6.TOKYO ROAD
7.HARDEST PART IS THE NIGHT
8.ALWAYS RUN TO YOU
9.TO THE FIRE
10.SECRET DREAMS
7800 FAHRENHEIT
SLIPPERY WHEN WET-USA
SLIPPERY WHEN WET-JAPAN
SLIPPERY WHEN WET (1986)
USA-PolyGram 830 264-2 M-1(above)
JAPAN-Mercury 32PD-1001(under)

1.LET IT ROCK
2.YOU GIVE LOVE A BAD NAME
3.LIVIN' ON A PRAYER
4.SOCIAL DISEASE
5.WANTED DEAD OR ALIVE
6.RAISE YOUR HANDS
7.WITHOUT LOVE
8.I'D DIE FOR YOU
9.NEVER SAY GOODBYE
10.WILD IN THE STREETS
NEW JERSEY (1988)
JAPAN-Mercury 32PD-1006
<Japanese Edition>

1.LAY YOUR HANDS ON ME
2.BAD MEDICINE
3.BORN TO BE MY BABY
4.LIVING IN SIN
5.BLOOD ON BLOOD
6.HOMEBOUND TRAIN
7.WILD IS THE WIND
8.RIDE COWBOY RIDE
9.STICK TO YOUR GUNS
10.I'LL BE THERE FOR YOU
11.99 IN THE SHADE
12.LOVE FOR SALE
13.LIVIN' ON A PRAYER(Live)
NEW JERSEY
KEEP THE FAITH KEEP THE FAITH (1992)
JAPAN-Mercury PHCR-1180
<Japanese Edition>

1.I BELIEVE
2.KEEP THE FAITH
3.I'LL SLEEP WHEN I'M DEAD
4.IN THESE ARMS
5.BED OF ROSES
6.IF I WAS YOUR MOTHER
7.DRY COUNTY
8.WOMAN IN LOVE
9.FEAR
10.I WANT YOU
11.BLAME IT ON THE LOVE OF
    ROCK & ROLL
12.LITTLE BIT OF SOUL
13.SAVE A PRAYER
14.STARTING ALL OVER AGAIN
CROSS ROAD (1994)
JAPAN-Mercury UICY-2501
<Japanese Edition>

1.LIVIN' ON A PRAYER
2.KEEP THE FAITH
3.SOMEDAY I'LL BE SATURDAY NIGHT
4.ALWAYS
5.WANTED DEAD OR ALIVE
6.LAY YOUR HANDS ON ME
7.YOU GIVE LOVE A BAD NAME
8.BED OF ROSES
9.BLAZE OF GLORY
10.TOKYO ROAD
11.BAD MEDICINE
12.I'LL BE THERE FOR YOU
13.IN AND OUT OF LOVE
14.RUNAWAY
15.NEVER SAY GOODBYE
CROSS ROAD
THESE DAYS THESE DAYS (1995)
JAPAN-Mercury PHCR-1370
<Japanese Edition>

1.HEY GOD
2.SOMETHING FOR THE PAIN
3.THIS AIN'T A LOVE SONG
4.THESE DAYS
5.LIE TO ME
6.DAMNED
7.MY GUITAR LIES BLEEDING IN MY ARMS
8.(IT'S HARD) LETTING YOU GO
9.HEARTS BREAKING EVEN
10.SOMETHING TO BELIEVE IN
11.IF THAT'S WHAT IT TAKES
12.DIAMOND RING
13.ALL I WANT IS EVERYTHING
14.BITTER WINE



 『These Days』発表後、バンドとしては充電期に入ったのか、ジョン・ボン・ジョヴィ個人的な活動が暫く続き、2000年に入り、漸く7thアルバム『CRUSH』が発売されました。トップは彼等の看板曲"Livin'on a Prayer"の2000年版ともいうべき"It's My Life"、良い物は良い!ヒットしました。。"Just Older"は力強くカッコイイナンバー、"One Wild Night"がパンク、ニュー・ウェイヴっぽいと感じたら、"Neurotica"などはモロパンクか!エルヴィス・コステロが書きそうな曲でした。2枚目のライヴは全体的におとなしい感じの印象でした。


 『TOKYO ROAD』は日本のみの編集版でボン・ジョヴィのロックよりナンバーばかりをベスト物。中に載せられたスーツ姿のメンバーを見て驚きました・・・。Gジャンが似合うとの文章で始まったこのページを裏切るようなファッションはどういうこと?デビュー時はロングヘアーを逆立ててロスのメタルロッカーファッションだったのにここでは'60年代英国のビートグループファッションみたいに成っちゃいました。

 『ONE WILD NOGHT』はデビューして16年も経つのに正式ライヴアルバムが無かった彼等にとっての正式な初ライヴ盤です。ただ、一箇所の或いは同一のツアーライヴのライヴ盤ではなく、様々な場所や音源を揃えています。リスナー個人個人が自分用にお気に入り集を作成する気分に似ていますね。ただ、会社側がそれをやっちゃう前に、別々の会場の単独ライヴ盤を幾つか発表して欲しかったですね。全体的にロック系ナンバーで揃えたのは『TOKYO ROAD』と同じです。
CRUSH + LIVE FROM OSAKA CRUSH + LIVE FROM OSAKA (2000)
JAPAN-Mercury UICM-1005/6
<Japanese Edition>

DISC 1
1.IT'S MY LIFE
2.SAY IT ISN'T SO
3.THANK YOU FOR LOVING ME
4.TWO STORY TOWN
5.NEXT 100 YEARS
6.JUST OLDER
7.MYSTERY TRAIN
8.SAVE THE WORLD
9.CAPTAIN CASH & THE BEAUTY QUEEN
   FROM MARS
10.SHE'S A MYSTERY
11.I GOT THE GIRL
12.ONE WILD NIGHT
13.I COULD MAKE A LIVING OUT OF  LOVIN' YOU
14.NEUROTICA

DISC 2
1.RUNAWAY (live)
2.MISTERY TRAIN (live)
3.ROCKIN' IN THE FREE WORLD (live)
4.JUST OLDER (live)
5.IT'S MY LIFE (live)
6.SOMETHING I'LL BE SATURDAY NIGHT (live)

TOKYO ROAD
TOKYO ROAD LIVE
TOKYO ROAD (2001)
JAPAN-ISLAND UICL-9001
<Japanese Edition>

1.ONE WILD NIGHT 2001
2.BAD MEDICINE
3.LIVIN' ON A PRAYER
4.YOU GIVE LOVE A BAD NAME
5.KEEP THE FAITH
6.IT'S MY LIFE
7.BLOOD ON BLOOD
8.SOMETHING FOR THE PAIN
9.BORN TO BE MY BABY
10.TOKYO ROAD
11.HEY GOD
12.JUST OLDER
13.I'LL SLEEP WHEN I'M DEAD
14.RUNAWAY
15.WILD IN THE STREETS
16.NEXT 100 YEARS

And 1st pressed bonus mini-disc
1.TOKYO ROAD(Live)
2.NOT FADE AWAY(Live)
3.NEXT 100 YEARS(Live)
4.FATHER TIME(Live)

ONE WILD NOGHT ONE WILD NOGHT (2001)
JAPAN-ISLAND UICL-9005
<Japanese Edition>

1.IT'S MY LIFE
   (November 27, 2000 in Toronto, Canada)
2.LIVIN' ON A PRAYER
   (August 30, 2000 in Zurich, Switzerland)
3.YOU GIVE LOVE A BAD NAME
   (August 30, 2000 in Zurich, Switzerland)
4.KEEP THE FAITH
   (September 20, 2000 in New York, USA)
5.SOMEDAY I'LL BE SATURDAY NIGHT
   (November 10, 1995 in Melbourne,       Australia)
6.ROCKIN' IN THE FREE WORLD
   (December 1, 1995 in Johannesburg,       South Africa)
7.SOMETHING TO BELIEVE IN
   (May 19, 1996 in Yokohama, Japan)
8.WANTED DEAD OR ALIVE
   (September 20, 2000 in New York, USA)
9.RUNAWAY
   (April 28, 1985 in Tokyo, Japan)
10.IN AND OUT OF LOVE
   (April 28, 1985 in Tokyo, Japan)
11.I DON'T LIKE MONDAYS
      (featuring Bob Geldof)
   (June 25, 1995 in London, England)
12.JUST OLDER
   (November 27, 2000 in Toronto,Canada)
13.SOMETHING FOR THE PAIN
   (November 10, 1995 in Melbourne,       Australia)
14.BAD MEDICINE
   (August 30, 2000 in Zurich, Switzerland)
15.ONE WILD NIGHT 2001



 ボン・ジョヴィは当初本国アメリカより日本での人気が高く彼等のファンも根強いので、彼等もよく[世界に先立ち日本先行発売、ボーナストラックを必ず入れる]などのサービスをしてくれるので、一応は国内盤を中心に買ってはいるのですが、この『Bounce』は米盤です・・・(ハイ、特別に安価な価格で手に入れられたからです) じっくりと聴かせるタイプの曲調の "Right Side Of Wrong" 、"Joey"あたりが好きです。特に"Right Side Of Wrong" はカントリー・ロックっぽくて Gram Parsons が歌いそうなタイプの曲です。ロック調の曲では"Undivided"、"Bounce"などですが、バラード系の良さに比べたら若干弱いですね。  


 そして、時代の流れというか出るべくして出たというか『THIS LEFT FEELS RIGHT』はボン・ジョヴィのアコースティック物です。アレンジが似通っていて全曲通して聴き直すのはちょっとしんどい部分がありました。もっとメリハリが欲しかったです。"Born to be My Baby"を一押しとしておきます。


 『100,000,000 BON JOVI FANS CAN'T BE WRONG』はデビュー20周年を記念して発売された、ボン・ジョヴィ監修による未発表曲を中心とした特別コレクションで6枚セットです。買うのは熱心なファンのみだと思いますが、楽しみ方はいろいろあるでしょう。
BOUNCE BOUNCE (2002)
USA-ISLAND 440 063 055-2

1.UNDIVIDED
2.EVERYDAY
3.THE DISTANCE
4.JOEY
5.MISUNDERSTOOD
6.ALL ABOUT LOVING YOU
7.HOOK ME UP
8.RIGHT SIDE OF WRONG
9.LOVE ME BACK TO LIFE
10.YOU HAD ME FROM HELLO
11.BOUNCE
12.OPEN ALL NIGHT

THIS LEFT FEELS RIGHT THIS LEFT FEELS RIGHT (2003)
JAPAN-ISLAND UICL-9014

1.WANTED DEAD OR ALIVE
2.LIVIN' ON A PRAYER
  (FEATURING OLIVIA D'ABO)
3.BAD MEDICINE
4.IT'S MY LIFE
5.LAY YOUR HANDS ON ME
6.YOU GIVE LOVE A BAD NAME
7.BED OF ROSES
8.EVERYDAY
9.BORN TO BE MY BABY
10.KEEP THE FAITH
11.I'LL BE THERE FOR YOU
12.ALWAYS
13.DISTANCE (LIVE)
14.JOEY (LIVE)

and More 1 DVD Disc-NTSC

100,000,000 BON JOVI FANS CAN'T BE WRONG 100,000,000 BON JOVI FANS CAN'T BE WRONG (2004)
JAPAN-ISLAND UICL-7001
<Japanese Edition>

DISC 1
1.WHY AREN'T YOU DEAD?
2.THE RADIO SAVED MY LIFE TONIGHT
3.TAKING IT BACK
4.SOMEDAY I'LL BE SATURDAY NIGHT
5.MISS FOURTH OF JULY
6.OPEN ALL NIGHT
7.THESE ARMS ARE OPEN ALL NIGHT
8.I GET A RUSH
9.SOMEDAY JUST MIGHT BE TONIGHT
10.THIEF OF HEARTS
11.LAST MAN STANDING
12.I JUST WANT TO BE YOUR MAN

DISC 2
1.GARAGELAND
2.STARTING ALL OVER AGAIN
3.MAYBE SOMEDAY
4.LAST CHANCE TRAIN
5.THE FIRE INSIDE
6.EVERY BEAT OF MY HEART
7.RICH MAN LIVING IN A POOR MAN'S HOUSE
8.THE ONE THAT GOT AWAY
9.YOU CAN SLEEP WHILE I DREAM
10.OUTLAWS OF LOVE
11.GOOD GUYS DON'T ALWAYS WEAR WHITE
12.WE RULE THE NIGHT

DISC 3
1.EDGE OF A BROKEN HEART
2.SYMPATHY
3.ONLY IN MY DREAMS
4.SHUT UP AND KISS ME
5.CRAZY LOVE
6.LONELY AT THE TOP
7.ORDINARY PEOPLE
8.FLESH AND BONE
9.SATELLITE
10.IF I CAN'T HAVE YOUR LOVE
11.REAL LIFE
12.MEMPHIS LIVES IN ME
13.TOO MUCH OF A GOOD THING

DISC 4
1.LOVE AIN'T NOTHING BUT A FOUR LETTER WORD
(UNRELEASED)
2.LOVE AIN'T NOTHING BUT A FOUR LETTER WORD
(DEMO)
3.RIVER RUNS DRY
4.ALWAYS
5.KIDNAP AN ANGEL
6.BREATHE
7.OUT OF BOUNDS
8.LETTER TO A FRIEND
9.TEMPTATION
10.GOTTA HAVE A REASON
11.ALL I WANNA DO IS YOU
12.BILLY
13.NOBODY'S HERO

DISC 5
---DVD-NTSC---

BONUS DISC (Japan Exclusive) - DISC 6
1.WITH A LITTLE HELP MY FRIEND(LIVE'94)
2.LOVE IS WAR(DEMO)
3.BORDERLINE
4.HUSH(DEMO)
5.I WISH EVERYDAY COULD BE LIKE CHRISTMAS
6.SAVE A PRAYER
7.FIELDS OF FIRE(DEMO)
8.ANOTER REASON TO BELIEVE(DEMO)
9.LET'S MAKE IT BABY(DEMO)
10.THE END(DEMO)



  『HAVE A NICE DAY』は、実質『BOUNCE』に次いでのアルバムに成るわけで3年振りです。タイトル・チューン "Have a Nice Day" は、かの"Livin' on a Prayer"や"It's My Life"に似た必殺物です、しかし似たタイプの曲なのにきっちり違った曲に仕上げられるのはたいしたものですね。さすがです。4曲目、"Who Says You Can't Go Home" 、これは、わたしが聴くとボブ・ディランですね。"Last Cigarette" はニュー・ウェイヴっぽいナンバー、この頃ときどきこのタイプの曲が入りますね。"Story of My Life" は純ポップなロックナンバー。 ボーナストラックに成っている "Dirty Little Secret" はポップながらメタルっぽいリズムのキレが良いです。"Unbreakble" もなかなかのロック・ナンバーでボーナスの方が出来良いジャンといった感じでした。日本では歌謡曲やJ-POPと一緒のオリコンチャートのアルバム部門で1位に成る程に売れました。  


 2007年に発売された『LOST HIGHWAY』は『NEW JERSEY』以来19年振りに全米1位に成り、日本のオリコンでもまた1位に成りました。オリコンチャートで上位に来ると何故か Hard & Heavyファンからロッカーとして落ち目扱いされてしまいますが、彼等は元々メタル系バンドではなかった訳でオール・アメリカンミュージックを消化して来たアメリカのロックバンドです。ジョンが子供の頃に買ったレコードがニュー・ジャージー出身のロッカー、ブルース・スプリングスティーンだったと云う事、聴きに行ったライヴがドゥビー・ブラザース、だったというのも判ります。最近のジョンの歌い方は絞り出すようなブルース・スプリングスティーンに似てきて、作る曲はウエスト・コーストっぽいのが多く成ってきました。 "Lost Highway","I Love This Town","Put the Boy Back in Cowboy","Whole Lot of Leavin'" は如何にアメリカを感じるロック・ナンバーですし、"Till We Ain't Strangers Anymore","Everybody's Broken","Seat Next to You"などの曲を聴くと、ジャクソン・ブラウン作だと云われても納得出来てしまうほど70年代のウエスト・コーストっぽい曲です。 全米1位はまず順当でしょうが、日本でも1位は正直驚きでした。  


 このところきっちり2年おきにスタジオアルバムが発売されております。『The Circle』またしてもオリコンで1位まで上り詰めました。もう驚きません・・・。トップの"We Weren't Born to Follow" はハードでは無いですが、全米受けしそうなロック・チューンです"Thorn in My Side","Brokenpromiseland"あたりもかなり決めが効いたナンバーです。 もしかしたら、"Love's the Only Rule"のような爽やかな曲が最近の日本の若者に受けているのでしょうか?
トップの"We Weren't Born To Follow"がheavyなロック・チューンで良いですね。
HAVE A NICE DAY HAVE A NICE DAY (LIMITED EDITION) (2005)
JAPAN-ISLAND UICL-9027

1.HAVE A NICE DAY
2.I WANNA BE LOVED
3.WELCOME TO WHEREVER YOU ARE
4.WHO SAYS YOU CAN'T GO HOME
5.LAST MAN STANDING
6.BELLS OF FREEDOM
7.WILDFLOWERS
8.LAST CIGARETTE
9.I AM
10.COMPLICATED
11.NOVOCAINE
12.STORY OF MY LIFE

and 3 Bonus Tracks
13.DIRTY LITTLE SECRET
14.UNBREAKABLE
15.THESE OPEN ARMS

and More 1 DVD Disc-NTSC

LOST HIGHWAY LOST HIGHWAY (LIMITED EDITION) (2007)
JAPAN-ISLAND UICL-9041

1.LOST HIGHWAY
2.SUMMERTIME
3.(YOU WANT TO) MAKE A MEMORY
4.WHOLE LOT OF LEAVING
5.WE GOT IT GOIN' ON FEAT. BIG &AMP; RICH
6.ANY OTHER DAY
7.SEAT NEXT TO YOU
8.EVERYBODY'S BROKEN
9.STRANGER FEAT. LEANN RIMES
10.THE LAST NIGHT
11.ONE STEP CLOSER
12.I LOVE THIS TOWN
13.LONLEY
14.PUT THE BOY BACK IN COWBOY

and More 1 DVD Disc-NTSC

the circle THE CIRCLE (Delux Edition) (2009)
JAPAN-ISLAND UICL-9080

1.WE WEREN'T BORN TO FOLLOW
2.WHEN WE WERE BEAUTIFUL
3.WORK FOR THE WORKING MAN
4.SUPERMAN TONIGHT
5.BULLET
6.THORN IN MY SIDE
7.LIVE BEFORE YOU DIE
8.BROKENPROMISELAND
9.LOVE'S THE ONLY RULE
10.FAST CARS
11.HAPPY NOW
12.LEARN TO LOVE

and More 1 DVD Disc-NTSC



  『Greatest Hits - The Ultimate Collection』は日本編終盤を除くと『Cross Road』以来、16年振りのベストアルバムと成るそうです。「へぇーもう、そんな昔に成るの」と月日の流れの速さに驚きます。日本盤と米盤、インターナショナル盤などによって曲数とか若干違いが有るようですが、既発曲が多いだけでかなり高かった日本盤は今回選択から外して米盤をチョイスしました。米盤のみ"Who Says You Can't Go Home"が米シングルヴァージョンだと云う事で。
既発曲もリマスターされているのですが、聴き慣れた楽曲のイメージが少し違った感じです。
新曲が4曲入っています。4曲ともジョンの歌い方は近年の絞り出すような歌い方に'終始していて、曲調は似通っています。"This Is Love This Is Life"が一番印象に残りました。







 『THE CIRCLE 』以来、オリジナル盤としては3年半ぶりのアルバム『WHAT ABOUT NOW 』が出ました。
全体的な印象は'70年代のアメリカン・サウンドを感じました。'84年デビューのバンドですので昔に戻ったと言うより、彼らが今までに演らなかったサウンドに仕上がっていた・・・そんな感じを受けました。'80年代のボン・ジョヴィ黄金期のサウンドに戻っていればそれはそれで凄く嬉しいことでしたが、今回のは、これでまた味が有って良いのではないのでしょうか?
 '70年代のアメリカン・ロックといえば衝撃度、印象度で言えばブリティッシュ勢に完全に押され気味でしたが、渋くて味わい有るロックがたくさんありました。このアルバムの5曲目"Amen"などは私にはモロ70年代のディランです!7曲目"What’s Left of Me"もボン・ジョヴィの声がハスキーでなかったらやはりバーズ・サウンドでしょうかね?
4曲目"Pictures of You"が、地味ながらも味わいのある曲で私が70年代のアメリカンサウンドだとふと感じたそもそもの曲で、好きなシンガーであるガーランド・ジェフリーズっぽかったです。
ボーナス曲ラストの"Every Road Leads Home to You"も同じようなタイプの曲でこれまた好きです。
 "Army of One"はアルバムジャケットと関連有るのでしょうか?曲としては好きではないですが何故か一度聴いたら忘れられない曲になりそうです。
 ボーナスの"With These Two Hands"異常にポップですがこういったのは大好きですね。
Greatest Hits GREATEST HITS - The Ultimate Collection (2010)
USA ISLAND B0014904-02

DISC 1
1. LIVIN' ON A PRAYER
2. YOU GIVE LOVE A BAD NAME
3. IT'S MY LIFE
4. HAVE A NICE DAY
5. WANTED DEAD OR ALIVE
6. BAD MEDICINE
7. WE WEREN'T BORN TO FOLLOW
8. I'LL BE THERE FOR YOU
9. BORN TO BE MY BABY
10. BLAZE OF GLORY
11. WHO SAYS YOU CAN'T GO HOME
       (DUET WITH JENNIFER NETTLES)
12. LAY YOUR HANDS ON ME
13. ALWAYS
14. RUNAWAY
15. WHAT DO YOU GOT? (New Song)
16. NO APOLOGIES (New Song)

DISC 2
1. IN THESE ARMS
2. SOMEDAY I'LL BE SATURDAY NIGHT
3. LOST HIGHWAY
4. KEEP THE FAITH
5. WHEN WE WERE BEAUTIFUL
6. BED OF ROSES
7. THIS AIN'T A LOVE SONG
8. THESE DAYS
9. (YOU WANT TO) MAKE A MEMORY
10. BLOOD ON BLOOD
11. THIS IS LOVE THIS IS LIFE (New Song)
12. THE MORE THINGS CHANGE (New Song)

WHAT ABOUT NOW WHAT ABOUT NOW  -deluxe edition- (2013)
EU Island 602537296095

1.BECAUSE WE CAN
2.I'M WITH YOU
3.WHAT ABOUT NOW
4.PICTURES OF YOU
5.AMEN
6.THAT'S WHAT THE WATER MADE ME
7.WHAT'S LEFT OF ME
8.ARMY OF ONE
9.THICK AS THIEVES
10.BEAUTIFUL WORLD
11.ROOM AT THE END OF THE WORLD
12.THE FIGHTER
bonus
13.WITH THESE TWO HANDS
14.NOT RUNNING ANYMORE
15.OLD HABITS DIE HARD
16.EVERY ROAD LEADS HOME TO YOU





John Bon Jovi Solo

© Copyright Note:
Images are shot by camera or scaning from my possession,
But design of covers are copyright works by each selling agency.
画像はわたしの所有物のスキャン・カメラ撮りですが、
カバーデザインの著作権は明記の各発売会社様が所有されています。
Text by MIE.


BACK