ACCEPT

 Accept(アクセプト)が話題に成ったのは、彼等のサードアルバム発売後からでした。シングル盤でサードアルバムに収録された"Breaker"が発売されてその曲がラジオで流れました。その当時アクセプト等のHR系レコードを買う人はシングル盤よりアルバムを買う人が多く、まずサードアルバム『Breaker(戦慄の掟)』を最初に買う人が多かったと思います。ところがわたしの一枚目はファースト『Accept(殺戮のチェーン・ソー)』という変則買いでした。
 というのは、わたしもサードアルバムを買うべくショップに出かけたのですが3件〜4件廻ってもサードアルバムが置いて無くてとりあえずファーストアルバムを買って帰ったのです。1981年8月31日のこと。無名だったアクセプトが急激に注目を浴びた様子が分かります。そして翌日またまた別のお店を探し回り、歌謡曲など邦楽物主体で洋楽は申し訳程度にしか置いていないレコード屋さんでサードアルバムを見つけました。意外なお店で買えた思い出深いアルバムです。


 アクセプトは1979年ドイツで結成されています。1979年といえば同じドイツのスコーピオンズがヨーロッパと日本でブレイクしていた時期(わたしもスコーピオンズの78年公演を見に行っています)でドイツのバンドにも注目し始められていた頃です。オリジナルメンバーは Udo Dirkschneider (vo),Wolf Hoffmann (gr),Jorg Fischer (gr),Peter Baltes (bs),Frank Friedrich (ds)で、ファースト発売後からドラムスが Stefan Kaufmann に変わっています。アクセプトと云えばウド・ダークシュナイダーの強烈なヴォーカルが印象的で彼のヴォーカルがあってこそ初期の躍進が有ったのだと思います。21世紀に変わり、ヘヴィー・メタルロックを振り返るときやはり主流派サウンドを思えばアクセプトを真っ先に思い浮かべます。まさにそのサウンドは王道でしょう。


 ファースト『Accept』は1979年(日本は1981年)の発売でこの録音終了までドラムスはFrank Friedrich。このアルバムは暗く狭い空間を舞うドイツ独特のアングラ的サウンドに終始していてスコーピオンズのファーストに似た雰囲気を感じました。ウドのヴォーカルはまだ独特の金切り声を表わして居なくて、ギターサウンド好きだったわたしにはウルフのギターの音が気に成りました。楽曲的には"Lady Lou" が一番か。


 セカンド『I'M A REBEL』は米盤はオリジナルジャケット違い独自のジャケとカバーで発売されていました。(この Passportレーベルから発売されたのがアメリカでのデビュー作です)一曲目"I'm a Rebel"は驚きのアメリカン・ロックンロール、アクセプト臭さは微塵もないですが、まぁ曲としてはツボをきっちり押さえたロックンロールです。全体的にポップなアメリカン・ロック系の曲が多いですが、"China Lady" はウドのあの独特の唱法が垣間見られるメタル系ロックですし"The King"はハード・ロック・バンドが奏るお決まりの美メロバラードです。"Do It" はギターリフを聴くとU.F.Oの"Oh My" に似てそうな曲でしょうか。


 そして、注目を浴びた『Breaker』(邦題:戦慄の掟)。一度ラジオで聴いて衝撃の一発を食らったこのタイトル・チューンは、アクセプト本来の魅力がいっぱい詰まった初期一番の名曲です。他にも"Burning","Run If You Can","Midnight Highway"などわたしにとって思い入れの強い曲が多いアルバムです。ただこのジャケトカバー、如何にもワザとらしい驚き顔は「ゲテモノ臭く」て気に入らなかったですね。ファーストもB級ホラー映画のポスターみたいでした。

ACCEPT
I'M A REBEL
BREAKER
ACCEPT1979
JAPAN Brain 25S-17
Released in Japan 1981
LP


SIDE-A
1.Lady Lou
2.Tired of Me
3.Seawinds
4.Take Him in My Heart
5.Sounds of War
SIDE-B
1.Free Me Now
2.Glad to Be Alone
3.That's Rock & Roll
4.Helldriver
5.Street Fighter
I'M A REBEL 1980
USA Passport PS-9849
LP


SIDE-A
1.I'm a Rebel
2.Save Us
3.No Time to Lose
4.Thunder and Lightning
SIDE-B
1.China Lady
2.I Wanna Be No Hero
3.The King
4.Do It
BREAKER1981
JAPAN Brain 25S-30
LP


SIDE-A
1.Midnight Highway
2.Breaker
3.Starlight
4.Breaking Up Again
5.Burning
SIDE-B
1.Run If You Can
2.Feelings
3.Down and Out
4.Can't Stand the Night
5.Son of a Bitch

 『MIDNIGHT HIGHWAY』は日本盤未発売のアメリカ編集盤、既製曲ばかりです。


 オリジナルとしては4枚目と成るのが『RESTLESS & WILD』ここでトップを飾るのが後々アクセプトを語るとき必ず出て来る"Fast as a Shark"。わたしとしては古典ハード・ロックの血を継いだ"Breaker" の方が好きなのですが、若い年代の人達にはこちらの方が数段人気があるようです。確かにスピード感があり良い曲です。あとギターリフが如何にもメタルらしいキレの"Flash Rockin' Man","Ahead of the Pack"も良いですし、不思議な魔力を持った"Princess of the Dawn"も良いですね。ここでのウルフのギターは印象的です。もう一人のギタリストはこのアルバムからHerman Frankに変わっています。ウルフたちは必ず同じギターを使用していたという事は無かったのですが、曲によっては、フライングV2本で二手に分かれ脚を広げて演奏する様は見事絵に成っていました。


 5作目『BALLS TO THE WALL』は重量級ボクサーがサンドバッグを叩き続ける様なheavyな曲が2曲続きます。この2曲はこれまた若い人達には人気有りますね。わたしが聴いた"若かった時期"には「大袈裟な男臭さ」が気に成りすぎていました。ここで一番のお気に入りは"Losing More than You've Ever Had"(邦題は略奪の報い)。次がギターがかっこいい"Love Child ","Losers and Winners"など。
MIDNIGHT HIGHWAY
RESTLESS & WILD
BALLS TO THE WALL
MIDNIGHT HIGHWAY1983
USA PVC PVC-8915 (American edition)
LP


SIDE-A
1.Breaker
2.Helldriver
3.Lady Lou
4.China Lady
5.That's Rock 'N Roll
6.Son of a Bitch
SIDE-B
1.I'm a Rebel
2.Midnight Highway
3.Tired of Me
4.The King
5.Burning
RESTLESS & WILD1983
JAPAN SMS SP25-5049
LP


SIDE-A
1.Fast as a Shark
2.Restless and Wild
3.Ahead of the Pack
4.Shake Your Heads
5.Neon Nights
SIDE-B
1.Get Ready
2.Demon's Night
3.Flash Rockin' Man
4.Don't Go Stealing My Soul Away
5.Princess of the Dawn
BALLS TO THE WALL 1984
JAPAN Portrait 25-3P-498
LP


SIDE-A
1.Balls to the Wall
2.London Leatherboys
3.Fight It Back
4.Head over Heels
5.Losing More than You've Ever Had
SIDE-B
1.Love Child
2.Turn Me on
3.Losers and Winners
4.Guardian of the Night
5.Winterdreames

 前作『BALLS TO THE WALL』発売後から徐々に米国でも人気が出だし、いよいよこの『METAL HEART』成る有名盤の発売と成ります。確かに初期のドタドタした混沌さは消えてスッキリとまとめられた出来の良いアルバムに成っています。ウルフの相方ギターが再びJorg Fischerに戻りました。メンバーが一人戻った事との関係は判りませんが前作に有った男臭さは消えました。一曲目タイトル・チューン『Metal Heart』は彼等の代表曲のひとつですが、最初聴いたときは妙な曲だ...と思いました。クラシック曲"エリーゼのために"のメロディーを挿入したギターソロ部分はドラマチックで良いですね。「metal heart,metal heart」の歌声が妙に頭に残ります。二曲目『Midnight Mover』は軽快なロックナンバー。次の『Up to the Limit』のヴォーカルでやっとウドらしさを感じ、ギターリフも本来のアクセプトらしさが出てきました。五曲目『Screaming for a Love-Bite』はアメリカ市場を意識したのか、バックサウンドはボン・ジョヴィに似ています。曲自体はこのアルバムの中で一番好きです。アメリカンサウンドに近いと云ってもウドのヴォーカルはいつも通りの声ですが。


 そして、充分日本のファンをつかんだ彼等は1985年初来日、9月の名古屋公演を録音してアルバムとして発売しました。選ばれたのは『METAL HEART』からの曲が中心でわざわざ、裏ジャケに「最録音・オーヴァー・ダブは絶対にされておりません」と日本語で書かれた様に、さわる必要ないほどの迫力あるライヴだったのでしょう。タイトルは『Kaizoku-Ban』ジャケは『容認』の『容』の字を顔文字風にしたものらしいですが、センス悪くまさに海賊版・ブートレグっぽかったです。


 スタジオ録音盤として7作目に成るのが『RUSSIAN ROULETTE』、サウンド的には『Breaker』、『Restless & Wild』あたりに戻って居ます。構成的には完成度は高くいです。私的にはこのアルバムの方が名盤の誉れ高い『etal Heart』より数段好きです。"T.V.War","Monsterman","Russian Roulette","Aiming High","Another Second to Be","Man Enough to Cry"などが良いです。「♪I'm no Monster man-I'm no Monster man♪」と男性コーラスが響く"Monster Man"はノリ良く如何にもアクセプトらしいですが、"Man Enough to Cry"は垢抜けないモタモt感を感じるのですが聴けば聴くほどまた別な一面のアクセプトらしさを感じる曲です。

 
METAL HEART
KAIZOKU BAN〜LIVE IN JAPAN
RUSSIAN ROULETTE
METAL HEART 1985
JAPAN Portrait 28-3P-596
LP


SIDE-A
1.Metal Heart
2.Midnight Mover
3.Up to the Limit
4.Wrong Is Right
5.Screaming for a Love-Bite
SIDE-B
1.Too High to Get It Right
2.Dogs on Leads
3.Teach Us to Survive
4.Living for Tonite
5.Bound to Fail
KAIZOKU BAN〜LIVE IN JAPAN 1985
USA Portrait 5R40261
LP


SIDE-A
1.Metal Heart
2.Screaming For A Love Bite
3.Up To The Limit
SIDE-B
1.Head Over Heels
2.Love Child
3.Living For Tonight
RUSSIAN ROULETTE 1986
JAPAN Portrait 28-3P-738
LP


SIDE-A
1.T.V.War
2.Monsterman
3.Russian Roulette
4.It's Hard to Find a Way
5.Aiming High
SIDE-B
1.Heaven Is Hell
2.Another Second to Be
3.Walking in the Shadow
4.Man Enough to Cry
5.Stand Tight



 ヘヴィー・メタルのみに拘ったウド・ダークシュナイダーと多くのリスナーを対象にしたバンドを目指したウルフ夫妻(ウルフの奥様がマネージャー)の方向性の違いから、ウドが脱退。一般的には「ウドの声質が一般受けし難いからと夫妻側からお願いして脱退して貰った」という説が通説として通っています。ただ、何度もオーディションをして選んだデイヴィッド・リースの声質が、ウドと似通った事から察すると、アクセプトの特徴でもあるウドの動物の叫び的な声は必要ながらも、「声域が広く、メロを歌えるヴォーカリスト」が必要との結論だったと考えられます。
(ウドは自身のバンドU.D.O.を1987年に結成)


ヴォーカルをDavid Reece(デイヴィッド・リース)に替えての新作『EAT THE HEAT』は、発表されるや否や「ウドの居ないアクセプトなんて」といきなりの不評の連射弾連発!
確かにウドが居てこそのアクセプトだったのでしょう。ウドとウルフが揃って始めてアクセプトというバンドの個性だったのでしょう。 実際、ここで、ウルフの相方ギターもJim Stacey という人に替わっていますが、たいして話題にも成りませんでした。


...で、このアクセプトという名を借りたバンド(?)の『EAT THE HEAT』はバンド名に拘らずアルバムだけの評価だけで云うと良くできた名盤だと思います。"Mistreated"の様な歌いあげるドラマティックバラードはウドでは果たしてどうだったのか?と思ってしまいますし、他のスピード・チューンにしてもウルフの作り出すリフに歌メロがメロディアスに乗って流れ聴き応え有り、どの楽曲も粒ぞろい、捨て曲は無しです。
出来映えはアクセプト側に関しては「満足」だったのでしょうが、売り上げも人気も前作より落ちてしまいました。ファン心理は微妙です。そしてこの後にディヴィッドとピーターの仲が悪くなったり、ドラムスのステファン・カウフマンが背中を痛めて休養を余儀なくされ離脱。ウルフは新ドラマーを探すことなくアクセプトを解散させる道を選びました。
EAT THE HEAT


EAT THE HEAT1989
GERMANY RCA PL-74083
LP


SIDE-A
1.X-T-C
2.Generation Clash
3.Chain Reaction
4.Love Sensation
5.Turn The Wheel
6.Hellhammer
SIDE-B
1.Prisoner
2.Mistreated
3.Stand 4 What UR
4.Hellhammer
5.D-Train


 解散後に古いライヴ録音の音源を元に、ライヴ盤が発売されました。それは、ウドがヴォーカルを取っていた1985年9月18日の大阪厚生年金会館でのライヴ音源で『STAYING A LIFE』と題して発売され」ました。前進し続けて居た全盛期の録音だけに凄まじい迫力でアクセプトの魅力を堪能できる名ライヴ盤でした。 そして、やがてこのライヴ盤を聴いた各国のファンから再結成を熱望する声が上がり始める事と成ります。
ウルフ・ホフマンはアクセプト解散後カメラマンの仕事をしていたらしいです。ウドは自身のバンドを'91年に解散、その後は引退を予定していたとのこと。ステファンは背中の痛みが治っており、ピーターはドン・ドッケンなどと一緒にやっていましたが、再結成の話は4人が5年ぶりに揃って会えば自然の成り行きですんなり決まった様です。


 そして満を期して発売された再結成第一弾が『OBJECTION OVERRULED』。トップのタイトル・チューンを聴けば、ウドのあの声!本来のアクセプトサウンド復活で「やったぁーっ」という感じです。"I Don't Wanna Be Like You","Slaves to Metal"辺りはもう一歩の感は有りますが、充分アクセプトならではを感じること出来ます。"All or Nothing"は昔のアクセプトののイメージと離れますが曲自体は良いです、好きです。お決まりの哀愁バラードは『Amamos la Vida』良いです。


こうして、全盛期に近い形で出された『OBJECTION OVERRULED』は好評を持って受け入れられて、再結成第二弾『DEATH ROW』が発売されます。
ウルフがこのアルバムについて語った記事がインナーに載せられていますが、「新しいアクセプトサウンドの追求を試みたい、ツインではなくギターは一本で奏ってみたい・・・」と色々な意欲を語っていたのですが、結果はその新しい試みはまたしても不評に終わってしまいました。
 『Breaker』で衝撃的ショッキングなインパクトで欧米・日本のロックファンの度肝を抜き、王道H・メタルで世界制覇の野望に燃えて突き進んでいたあの時代のサウンドをファンはいつまでも期待し続けて居ました。強い強い個性でファンを圧倒しただけに、アクセプトはファンに変化することを拒否された形のバンドと成ってしまった思いがします。
 で、このアルバムですが好き嫌いのあるのは当然と思いながらも全曲改めて聴き終えて、わたしの中では飛び抜けた曲は一曲も無しでした。メロディアスな部分はなく、ズシンズシンと心臓音の様に響く曲が数曲淡々と続き、単調でとても一気に聴き終えることは出来ませんでした。
この15曲の録音中90パーセント程の完成時に再びステファン・カウフマンの背中が痛み出したそうです。

STAYING A LIFE
OBJECTION OVERRULED
DEATH ROW
STAYING A LIFE 1990
Geramany RCA-BMG ND-74720
CD


CD-1-
1.Metal Heart
2.Breaker
3.Screaming For A Love-Bite
4.Up To The Limit
5.Living For Tonight
6.Princess Of The Dawn
7.Neon Nights
8.Burning

CD-2-
9.Head Over Heels
10.Guitar Solo Wolf
11.Restless & Wild
12.Son Of A Bitch
13.London Leatherboys
14.Love Child
15.Flash Rockin Man
16.Dogs On Leads
17.Fast As A Shark
18.Balls To The Wall
19.Outro (Bound To Fail)
OBJECTION OVERRULED 1993
Japan Victor VICP-5210
CD


1.Objection Overruled
2.I Don't Wanna Be Like You
3.Protectors of Terror
4.Slaves to Metal
5.All or Nothing
6.Bulletproof
7.Amamos la Vida
8.Sick, Dirty and Mean
9.Donation
10.Just by My Own
11.This One's for You
12.Rich & Famous(Bonus)
DEATH ROW 1994
Japan Victor VICP-8134
CD


1.Death Row
2.Sodom & Gomorra
3.The Beast Inside
4.Dead on!
5.Guns 'R' Us
6.Like a Loaded Gun
7.What Else
8.Stone Evil
9.Bad Habits Die Hard
10.Prejudice
11.Bad Religion
12.Generation Clash II
13.Writing on the Wall
14.Drifting Apart
15.Pomp and Circumstance

 ステファンの背中が治らない為に新ドラマー Michael Cartelloneマイケル・カーテロンを迎え入れ、再結成後の3作目はナッシュヴィルのスタジオで録音されました。全体的には不評だった前作の流れを汲みながらも、'80年代のアクセプトを思わせる"Hard Attack","Crucified"の2曲を「アクセプトの伝統を保っていくために入れた」とわざわざウルフが説明を加えて組み込んでいます。ただ、ウルフは指定していませんが "Don't Give a Damn" も充分以前のアクセプトサウンドを継承していますし、好みとしては先の2曲よりもわたしは好きです。そして珍しくピーターがヴォーカルを務めた "Lay It Down" これはヴォーカルがウドでないだけあってアクセプトらしさは全くないですが、曲はおおいに気に入りました。'70年代のハードロックの雰囲気一杯ですね。ディープ・パープルっぽい部分ありますね。
 このアルバムも売れず、評判は芳しくなかったですが、決して悪くはないです。平均点以上です。
 2作続いてセールス的に失敗に終わりウルフも新しい試みへの意欲が失せたのか、解散コンサートに出発、'96年7月の東京公演を最後に再びバンドを解散させてしまいました。
ウルフは再度カメラマンの仕事に就き、ウドもU.D.O.を再結成、ピーターはジョン・ノーラム等と一緒に奏る様に成りました。


 前回の解散時と同様、解散後にまたまた旧録のライヴ盤が出て居ます。"ALL AREAS - WORLDWIDE LIVE","THE FINAL CHAPTER"と2年に跨り二種のアルバムが出ましたが、一箇所での録音ではなく様々な場所での録音を詰め込んだタイプのライヴ盤です。二種の音源は同じ物がダブっています。ステファン・カウフマンがドラムを叩いていたライヴや背中を痛めて代理としてツアーで叩いたステファン・シュヴァルツマン時の音源も含まれていますが、マイケル・カーテロン時のものは収録されていません。(解散コンサートとして催されたライヴでしたのでメンバーの熱気や意欲、やる気が薄れていたのでしょう。)
このライヴ盤発表後は以前のように各国からの再結成アンコールは起きませんでした。ウルフに'80年代サウンドをいつまでも奏り続ける意思がないことをファンが判ったからでしょう。

PREDATOR
ALL AREAS
THE FINAL CHAPTER
PREDATOR 1996
Japan Victor VICP-5673
CD


1.Hard Attack
2.Crossroads
3.Making Me Scream
4.Diggin' in the Dirt
5.Lay It Down
6.It Ain't Over Yet
7.Predator
8.Crucified
9.Take out the Crime
10.Don't Give a Damn
11.Run Through the Night
12.Primitive
13.This One's For You
ALL AREAS - WORLDWIDE LIVE 1997
Japan Victor VICP-60190
CD


1.Starlight
2.London Leatherboys
3.Breaker
4.Slaves to Metal
5.Princess of the Dawn
6.This One's for You
7.Too High to Get it Right
8.Metal Heart
9.Fast as a Shark
10.Balls to the Wall
11.Bad Habits Die Hard
12.Stone Evil
13.Death Row
THE FINAL CHAPTER 1998
USA CMC-BMG 06076-86232-2
CD


CD-1-
1.Starlight
2.London Leatherboys
3.I Don't Wanna Be Like You
4.Breaker
5.Slaves to Metal
6.Princess of the Dawn
7.Restless and Wild
8.Son of a Bitch
9.This One's for You
10.Bulletproof
11.Too High to Get It Right

CD-2-
1.Metal Heart
2.Fast as a Shark
3.Balls to the Wall
4.What Else
5.Sodom & Gomorra
6.Beast Inside
7.Bad Habits Die Hard
8.Stone Evil
9.Death Row

 Wolf Hoffmannは再び写真家稼業をしている中、時間があれば子供の頃から聴き親しんだクラシック曲をよく聴いていたとのこと、そのクラシック曲を元にロック的なアプローチで取り組んだインスト作を録音しました。一般にはロック・ミュージシャンがアンプラグド物、アコースティックサウンド物を作るのが流行っていた頃、ウルフはエレキギターを持ってのインスト物を作っていました。セールスのことを気にしなくても良いときにこそ作っておきたかったというのが本当の所だったのでしょう。

ブリティッシュ・ハード系(アメリカン・ハードでなく)や北欧メタル好きなロックファンには結構クラシック好きが多いですね。わたしもアナログ盤、CD併せてかなりの数のクラシックアルバムを持っています。最近聴くのはピアノ物が多いですが、学校に通っていた頃には管弦楽物をよく聴いていました。『カルメン組曲』や『ペール・ギュント組曲』は懐かしいですし、ニヤッとするロックアレンジに成っていて、うーん、良いですねぇ。スメタナを奏ってくれたのも嬉しいです。いつでも取り出せる場所に置き時々は聴いてみたい一枚です。 オリジナルの"Western Sky ウェスタン・スカイ"も違和感なく溶け込んでいるのが凄いです。
 
CLASSICAL


CLASSICAL 1997
perfomed by Wolf Hoffmann
Japan Victor VICP60133
CD


1. Prelude
2. In the Hall of the Mountain King
3. Habenera
4. Arabian Dance
5. Moldau
6. Bolero
7. Blues for Elise
8. Aragonaise
9. Solveig's Song
10. Western Sky
11. Pomp and Circumstance

1. 「カルメン」~前奏曲(ビゼー)
2. 山の魔王の宮殿にて (グリーグ)
3. ハバネラ (ビゼー)
4. アラビアの踊り (チャイコフスキー)
5. モルダウ (スメタナ)
6. ボレロ (ラベル)
7. エリーゼのために (ベートーヴェン)
8. 「カルメン」~間奏曲 (ビゼー)
9. ソルヴェイグの歌 (グリーグ)
10. ウェスタン・スカイ (ウルフ・ホフマン)
11. 威風堂々 (エルガー)



 2005年アクセプトは一時的に再々結成されました。この時期、往年の人気バンドが一時的に再結成をして演奏する事が時々行われていました。再結成はまず無いと思われていたクリームでさえも2005年5月に一日だけの再結成をしていました。アクセプトの場合はヨーロッパで行われる夏のフェスティヴァルコンサートの為の再結成予定でしたが、数日だけで了でなくロシアや日本を廻るツアーライヴまで敢行しました。その時のツアーメンバーはウド・ダークシュナイダー、ウルフ・ホフマン、ピーター・バルテス、ステファン・シュヴァルツマンにハーマン・フランクを呼び寄せて往年のツインギター体制で行われました。
このときのライヴは'96年の解散コンサートの時と比べて客席に伝わる彼等の熱気が違ったのでしょう。大成功だったそうです。
 その後2009年に成って徐々に再々結成の話が本格的に再燃、曲作りや練習を繰り返した模様です。


 いよいよ、2010年再々結成後の新アルバム『BLOOD OF THE NATIONS』が発売されました。2005年のライヴでの感触からツイン・ギターサウンドです。ヴォーカルだけはウドでなく、Mark Tornillo マーク・トーニロという人。元T.T. QUICKのヴォーカリストということですが、わたしは初めて聴くヴォーカルでした。ウドと似たような声で歌う部分も有りましたが、特に個性的な声質ではありませんが。HR/HMを歌うに適した声であるのは確かです。
曲は"Beat the Bastards","Teutonic Terror"と2曲続いたところで、往年のファンは納得でしょう。ウドを追い出した様な形で実施されたデイヴィッド・リースへの交代劇で不満を抱いたファンも、今回はウド自身の声で「今後アクセプトとして録音参加はない」という説明で納得出来てていました。
 '90年代には、'80年代のアクセプトサウンドを奏るのをためらっていたウルフも年を重ねてフッ切れたのか再びあの全盛期のアクセプトサウンドを再現しています。"Locked and Loaded" の様なスピード・チューンはモロにあの時代の音ですね。そしてお決まりの哀愁バラードは"Kill the Pain"。まさにヨーロッパの哀愁です。好きな人はとことん好きに成るメロです。続く"Rollin' Thunder"は必殺ナンバー、残り9曲目から11曲目までも良いです。ラストのみ平凡なメタルチューン。
嬉しい嬉しい復活作は名盤です。


 再々結成後の2枚目にあたる『STALINGRAD』が発売されました。ファースト発売から32年物歳月が流れています、前作で全盛期サウンドが甦ったと感じていたら、本作一曲目を聴いて驚きました。全盛期より更にパワフルに成っています!パワーアップするとは凄い!この若々しいエネルギーは感嘆物です。
ロックがロックたる所以は若さだけが持つ「身体中に充満した反抗心の噴出・爆発」とでも表現したらよいのか独特のエネルギッシュなぶち当たりを感じる音楽であると言うことでしょう。少なくともわたしはロックにそれを感じていますし、年を重ねてもロックにのめり込めるのは自分自身にもその部分があるからです。
 デビューから30年以上経ってもアクセプトがその若い部分を表現しつつ進化していてくれているのは嬉しいです。マーク・トーニロのエネルギッシュなヴォーカルがウルフを刺激したのか、彼の感性も甦りソングライティングにもそれが前作・本作に表れています。良い曲多しです。"Hung, Drawn And Quartered","Against The World","Never Forget"辺りが特に好きです。

 2014年にマーク・トーニロを迎えての再結成後、3作目が発売されました。これはCD単体盤を予約販売で買ったのですが、他にもDVD付、ブルーレイ盤付と3種構成にて出されました。
トップの"Stampede"は(ドゥービー・ブラザーズの名作アルバムと同じタイトル)重厚さは有りますが、平凡な単調さを感じます。それが2曲目は中盤から哀愁味を帯びだしてギターソロに入るととてもメロディアスでドイツらしさを感じました。中期スコーピオンズやマイケル・シェンカーを連想します。好きですね。次ぐ3曲目以降も曲その物に聴かせどころがあり、6曲目の"Wanna Be Free"などは途中で少しコーラスなどで盛り上げる往年のアクセプトらしさも織り交ぜていてニヤリとさせられました。このアルバムも前2作と同様嬉しい盤でした。

BLOOD OF THE NATIONS
STALINGRAD
BLIND RAGE
BLOOD OF THE NATIONS 2010
USA NUCLEAR BLAST 2361-26052
CD


1.Beat the Bastards
2.Teutonic Terror
3.The Abyss
4.Blood of the Nations
5.Shades of Death
6.Locked and Loaded
7.Kill the Pain
8.Rollin' Thunder
9.Pandemic
10.New World Comin'
11.No Shelter
12.Bucketful of Hate
STALINGRAD 2012
USA NUCLEAR BLAST 2846-2
CD


1.Hung, Drawn And Quartered
2.Stalingrad
3.Hellfire
4.Flash To Bang Time
5.Shadow Soldiers
6.Revolution
7.Against The World
8.Twist Of Fate
9.The Quick And The Dead
10.Never Forget
11.Galley
BLIND RAGE 2014
USA NUCLEAR BLAST 3195-2
CD

1.Stampede
2.Dying Breed
3.Dark Side Of My Heart
4.Fall Of The Empire
5.Trail Of Tears
6.Wanna Be Free
7 200 Years
8 Bloodbath Mastermind
9.From The Ashes We Rise
10.The Curse
11.Final Journey


BACK